ジャンパー膝について

こんにちは晴れ

今日はジャンパー膝のお話ですexclamation

 

ジャンパー膝(英:jumper's knee)とは、

下肢のスポーツ障害のひとつであり。

ジャンプ動作などの繰り返しにより発生する膝蓋靭帯炎および大腿四頭筋腱付着部の炎症です。

 

・ジャンプを多くする競技(特に多いのがバレーボールやバスケットボール)

※ジャンプ競技でも室内競技のほうがジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)になることが多いといわれています。

その他の競技では走り高跳び、走り幅飛び、体操などがあります。

・走る動作の多い、長距離ランナー、サッカー選手、テニス選手にも多くみられます。

 

・好発年齢は15歳から20代中盤くらいまでが多く、30歳以上でなる方はまれと言われています。


 

ジャンパー膝(膝蓋靭帯炎とは?)

まず、ジャンパー膝を理解するには、

痛めている部位の膝蓋靭帯(しつがいじんたい)がどこなのかを知る必要があります。


解りやすく言うと、ひざのお皿の下の部分になります。(お皿のすぐ上の部分も含めることがあります。)

膝蓋靭帯(しつがいじんたい)は、太ももの前の筋肉である大腿四頭筋(だいたいしとうきん)とつながっています。

大きな太ももの前の筋肉(大腿四頭筋)はひざを通り、

ひざのお皿(膝蓋骨)を包むようにしてそのあと膝蓋靭帯(しつがいじんたい)となり、

最後はスネの骨(脛骨)にくっつきます。


ジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)は、

激しいジャンプやランニングを繰り返すことによって、太ももの前の筋肉(大腿四頭筋)は硬くなります。

太ももの前の筋肉(大腿四頭筋)が硬くなると膝蓋靭帯(しつがいじんたい)も引っ張られ、

お皿(膝蓋骨)の部分で摩擦が起きやすくなります。

 

この摩擦により、膝蓋靭帯(しつがいじんたい)に微小な断裂が起き、

膝深部に炎症、血流障害、などにより、膝に痛みがでるといわれています。

ジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)はジャンプ力の高い選手がなることが多いともいわれています。



また、ジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)の症状は3段階に分けられています。

1.運動のあとに、ひざのお皿の下、または上側に痛みがある。運動は可能である。

2.運動開始の時に痛みがあり、ウォーミングアップをしていると徐々に痛みが和らいでくる。運動後にまた痛みがでてくる。(痛みはあるが運動はできる状態)

3.運動中、運動後共に痛みが強く、スポーツに支障が生じるためできない。

4.膝蓋靭帯(しつがいじんたい)が断裂している。(歩くのみでも痛みが強い)


痛みを訴える場所は、お皿の上(膝蓋骨上端)とお皿のすぐ下(膝蓋骨下端)と

膝蓋靭帯(しつがいじんたい)の下の方の3部位に分けられ、

最も多く痛くなる部位がお皿のすぐ下(膝蓋骨下極)です。

 

治療では膝蓋骨に付着している大腿四頭筋に対するアプローチは当然ですが、

EXEという治療器で膝のバランス自体を整えることで回復を早めることが出来ます。

悩みのある方や興味のある方は是非ご連絡くださいわーい(嬉しい顔)

 

大阪市東住吉区湯里1-14-4

06-6702-7004

 

土日祝日も診療、アスリート専門

針中野フィジカルケア鍼灸整骨院

当院へのアクセス

 

大きな地図で見る

針中野フィジカルケア鍼灸整骨院

住所〒546-0013
大阪府大阪市東住吉区湯里1-14-4
TEL06-6702-7004
受付時間月〜金 10:00〜21:00
土   10:00〜19:00
オンラインショップhttps://physical.theshop.jp/
院長郷田 博基
針中野フィジカルケア鍼灸整骨院
Facebookもチェック
アスリート・スポーツ選手に人気の即効性と根本治療:針中野フィジカル鍼灸整骨院

PAGE TOP