お尻の筋肉の鍛え方について

こんにちは!

本日はお尻の筋肉の鍛え方について書いていきたいと思います。

お尻周りの筋肉はエクササイズしている人としていない人では「見た目」が明らかに違います。お尻が下がっているのは見ためがカッコ悪いですよね。そこで今回は5分で出来る臀部のトレーニングをご紹介致します。

臀部は鍛えないと弱くなる

歩くなど普段の生活をしているだけでは腿の筋肉を主に使っているため、お尻周りの筋肉はあまり使いません。不自然な姿勢をしている時の姿勢の維持や短距離走などで主に使われます。
臀部の筋肉を使うには「エクササイズが必要」なのです。

ターゲットは大殿筋・中殿筋

大殿筋
大殿筋はお尻の真ん中の筋肉です。

今回鍛えたい部位は、お尻の筋肉の大殿筋とお尻の外側にある中殿筋です。
大殿筋はお尻の中央部分に当たる筋肉で、脚を後ろに伸ばしたり(股関節の伸展)、上半身が前に倒れるのを防ぐ働きがある筋肉です。

中殿筋
中殿筋はお尻の外側にある筋肉です。

中殿筋はお尻の外側にある筋肉で、骨盤を抑えつけて腰が横にブレるのを防いでいる筋肉です。小さな筋肉ですが、この筋肉が弱いとお尻が下がってきてしまうので、鍛える必要がある筋肉です。

今回のプログラム

今回は5分でトレーニング出来る事がテーマですので、ガイドが特にお勧めする種目を2つご紹介します。

・アブダクション
・ヒップリフト

この2種目で臀部周りの筋肉を十分に鍛える事ができますので早速行ってみましょう。

アブダクション 中殿筋
2秒下・2秒上×20回/2〜3セット

アブダクション
膝をしっかりと伸ばしてください。

【スタート】
1.横向きに寝て、下側の脚を90度に曲げましょう。
2.上側の足をしっかりと伸ばしてください。
3.腰骨に手を置いて背筋を伸ばします。

画像の代替テキスト
足を上げ過ぎると腰が動いてしまうので、腰が動かない範囲で行いましょう。

【フィニッシュ】
1.骨盤を動かさないように手でおさえて、踵から足を上げてください。腰骨が動いてしまう場合は脚を上げ過ぎです。
2.この位置で1秒止めてお尻の外側を使っている感覚があればOKです。
※踵から持ち上げて、股関節を伸ばしたまま行いましょう。腿前を使っている感覚がある場合はこのどちらかができていないのでチェックしてください。
また、腰骨を動かしてしまうと股関節を開く中殿筋のトレーニングにならないので、手でしっかりおさえましょう。

ヒップリフト 大殿筋・腿裏
5秒×20回/2〜3セット

ヒップリフト
爪先を上げたまま行うようにしましょう。

【スタート】
1.仰向けに寝て両足をお尻の方へ引き寄せてください。
2.片膝を90度に曲げて、爪先を持ち上げます。
3.反対側の脚は股関節と膝を90度に曲げて、浮かせてください。

ヒップリフト
腰を反らないように注意してください。

【フィニッシュ】
1.爪先を真上に向けたまま、お尻を目一杯持ち上げます。この時に臀部が横にずれないように注意しましょう。
2.この位置で5秒間止めます。
3.スタートポジションに戻しましょう。片足を連続して20回行いましょう。

※このトレーニングはベッドの上など床が不安定な場所で行った方が効果的です。慣れて来たらベッドの上でもチャレンジしてみましょう。

今回ご紹介したプログラムは毎日行ってもOKです。一日5分でも効果は体感できると思いますので、是非チャレンジしてみてくださいね。 

また当院ではこういったトレーニングのやり方の指導もさせて頂いています。

是非一度ご連絡ください!

http://physical-care.e-chiryo.jp/


 

足底筋膜炎の治療法

こんにちは!

ご覧いただきありがとうございます(*^^*)

今日は足底筋膜炎を確実に完治させるための治療というお題です!                                                                             

病院で「足底筋膜炎」と診断をされ、これまでに色々な治療をやってきたけど結局足の裏の痛みは完治していない。

どこに行っても「様子を見てください」の一言で、「一体いつまで様子を見れば良いの・・・」とお悩みではありませんか?

あなたと同じように足裏の痛みで悩んでいる方は非常に多いです。

さらには、色々な治療をしても治らないので「もう、この足裏の痛みは治らないのではないか?」と不安に思ってしまう方も少なくありません。

安心してください。実は、足底筋膜炎は正しく治療をおこなうと早期に回復していきます。

もし、何週間も、何ヶ月も悩んでいるとしたら、それは足底筋膜炎の治療方法が間違っているのかもしれません。

そこで今回は、「色々な治療をしてきたけど治らない」と悩んでいた患者さんの多くがすぐに効果を実感して完治することが出来た「足底筋膜炎を治すための5ステップの治療方法」をご紹介します。

これから、紹介していく5つのステップに従って、治療を進めていけば、足底筋膜炎を完治することが出来ます。

どんなに歩いても痛みのない自由な生活を取り戻しましょう。

「足底筋膜炎が完治した状態」とは?

どんなに歩いても(走っても)痛みがない

足の裏を指で押しても痛くない

足の裏のつっぱり感もない

足を地面につく時に痛くなりそうな怖さもない
この4つの状態が足底筋膜炎完治の基準です。

色々な治療をしても足底筋膜炎の痛みが改善しなかった理由として「足底筋膜炎の痛みを引き起こしている原因を改善できていない」事が考えられます。

原因を改善することが出来れば痛みはなくなり、再発することもありません。

まずは、足底筋膜炎の正しい原因を知ることが足底筋膜炎完治のための第1ステップなのです。

ステップ1:足の裏が痛くなる正しい原因を知る足底筋膜炎を治療する上で正しい原因を知ることは非常に大切です。

よく足底筋膜炎の原因は、
使いすぎたから体重が増えたから偏平足だから
と言われていますが、それは間違いです。

使いすぎて、体重があって、偏平足の人でも足底筋膜炎にならない人はならないのです。

では、何が原因なのでしょうか?

私たちが様々な足底筋膜炎の患者さんを診てきて、分かったことがあります。

足の裏には、「足底筋膜」というかかとの骨と足先にある骨をつなぐ扇状の膜のようなものがあります。

この筋肉が歩く時やジャンプした時に伸び縮みして足の裏にかかる衝撃を受け止めています。

しかし、足底筋膜炎の状態は、この足底腱膜が「硬くなること」で、歩いたり、走ったり、ジャンプしたりする時に、本来柔軟に伸び縮みする足底腱膜が上手く伸び縮みが出来ずに無理にギュッと引っ張られて足底筋膜がくっついている箇所が痛くなるのです。

筋肉や筋膜はレントゲンには映りません。

なので、病院で「骨に異常はない」と言われるのに足の裏には激痛が走るのです。

ステップ2:治療に専念出来る状況を作るどんなに良い治療をしても日常生活やスポーツで筋肉に負荷をかけているとなかなか痛みは治りません。

せっかく筋肉を柔らかくしても練習で硬くしてしまい、一進一退の治療になってしまうからです。

立ち仕事や営業など日々歩くお仕事をされている方は休むことが難しいと思いますが、もし一定の期間休める状況を作れるのであれば作ってください。

もし、スポーツをおこなっているのであれば、治療中はスポーツは控えた方がいいでしょう。

足底筋膜炎は、自転車のタイヤがパンクしている状態だと思ってください。

自転車のパンクを直すときに自転車を走らせながら直す人はいないと思います。

一度、自転車を止めて直した方が早く、確実に直すことが出来ます。

足の裏の痛みも同じく、出来るだけ負担をかけない状況を作ってから治療を始めた方が早く、確実に治すことが出来るのです。

足の裏は、毎日使う場所です。完全に壊れてしまうと動けなくなってしまいます。

だからこそ、しっかりと休んで治しておきましょう。

ステップ3:足底筋膜炎の間違った治療法を知り、すぐにやめる

あなたは、いままでどのような足底筋膜炎の治療をおこなったでしょうか?

もし今、おこなっている治療を何ヶ月も続けているのに治らないのであれば、その治療方法を続けても効果は期待できません。

もしあなたがこれから紹介していく治療方法を試しているのであれば一度やめて見ることが大切です。

アイシング・シップ 病院に行くと「足の裏が炎症を起こしているので冷やしてください」と言われることがあります。

もし、あなたも足底筋膜炎に対してアイシングで治療をしているのであればすぐにやめてください。

毎日、アイシングをして痛みがなくなったのであれば、あなたはこの記事を見ていないと思います。

アイシングは、余計に症状を悪化させてしまう可能性があります。

アイシングの目的は2つあります。
冷やすことで炎症・内出血を抑える反熱作用(一時的に冷やすことでその後暖かくなる人間の体の反応)を使った血流促進
患部が内出血を起こし、腫れてズキズキ痛むときにはアイシングは有効ですが、足底筋膜炎は内出血をしているわけではありません。

炎症しているかどうかも実際に目で見たわけではないのでお医者さんもわかりません。

足底筋膜炎の原因は、「足の裏の筋肉が硬くなってしまったからです。」冷蔵庫にお肉を入れているとどんどん冷やされてお肉が硬くなるように、アイシングをすると筋肉は硬くなっていきます。

冷やせば冷やすほど足底筋膜炎の原因である筋肉の硬さを悪化させることになるのです。

これを考えるとシップもやめていおたほうがいいです。

また、2つ目の反熱作用は、血流の促進効果が目的です。

血流の促進効果であれば、冷やさずはじめから温めたほうが効果的なのです。

足の裏は、冷やさずにお風呂で温める・テーピング・サポーターは治療に使うものではありません。

痛いからといってサポーター・テーピングをつけた状態で日常生活をすごしていると足の裏の筋肉はどんどん退化(硬くなる)します。

さらに、本当は痛いのにサポーターを付けると痛みを忘れて無理をしてしまい、症状を悪化させてしまう可能性があります。

サポーター・テーピングは付けない

 

ストレッチ

ストレッチのやり方によっては、筋肉を硬くしてしまう可能性があります。

グイグイ伸ばした方が効きそうですが、過度なストレッチは、マッサージと同じように筋膜を壊してしまい、筋肉を硬くさせてしまいます。

ストレッチをする際の強さは、「すこし突っ張ってきたかな」くらいがベストです。

ストレッチしてほしい箇所はこの3箇所です。
太ももの裏

ふくらはぎ

すね
これらの筋肉を柔らかくすると足底筋膜炎の改善に効果的です。

「足の裏はストレッチしなくてもいいの?」という疑問があるかも知れませんが治療の段階で足の裏のストレッチを行なう必要はありません。

足底筋膜炎の痛みがある時に過度なストレッチは症状を悪化させてしまう可能性があるからです。

痛みなく出来るようであれば、毎日お風呂あがりにストレッチをしていきましょう。

痛みがなければ、正しいストレッチをおこなうことインソール

インソールとは靴に入れる中敷きのことです。

一般的に病院で勧められたり、スポーツ用品店で作ります。

インソールは一般的には土踏まずを持ち上げて、偏平足を改善させて、足にかかる負担を減らすと言われています。

それ以外にもクッション材が付いていて、踵(かかと)にかかる圧迫を減らしたり、歩き方を補正してくれるものもあります。

しかし、足に合わないインソールを付けると逆に痛みが増してしまう人も多いようです。

サポーターやテーピングと同じように「本当は痛いのにインソールを付けると痛みを忘れて無理が出来てしまう」ため、知らず知らずの内に症状が悪化しているの人もいます。

鎮痛剤(痛み止めの服用)

鎮痛剤は神経をマヒさせてくれるので、飲んでいるうちは痛みが楽になります。

痛みがあまりにも強い場合は、一時的に痛みが軽減するので、気持ちが楽になり、寝られないときにグッスリと眠れて、回復を促進してくれる場合もあります。

しかし、痛み止めを長期間飲むのはキケンです。

あくまでも痛みをごまかしているだけなので、常用して、動き回っていると、痛みを感じないうちに患部に負担をかけてしまい、どんどん慢性化してしまいます。

薬の効果が切れたらひどくなっていたという患者さんは多いです。

注射整形外科などの病院で打ってもらう。

痛み止めやステロイドを患部に直接打ちます。患部にステロイドや、痛み止めを打つことで、痛みを軽減させることができます。

適切な箇所に打つことができれば、痛みがすごく楽になります。

全く痛みを感じなくなることもあります。

その間にしっかりと安静にすることができれば、回復も早くなります。

しかし、何度も打つことはできません。ステロイドや痛み止めの注射は副作用も強く、医師も限度をもうけています。

注射で痛みが楽になっても、根本的に足底筋膜炎が治っているわけではないので、しばらくすると痛みが戻ってきます。

原因が治っていないのに動いて負担をかけてしまうことで、余計にひどくなってしまうこともあります。

注射は体の反応を止めたり、阻害したりします。

そのため、体の治癒力が低くなってしまい結果的に足底筋膜炎の回復が遅くなってしまいます。

手術

病院で「足底筋膜炎の原因は、踵(かかと)の骨が飛び出ているから」と言われ、手術をすすめられる方もいます。

手術では飛び出ている骨を削ります。

せっかくリスクを犯して手術をしたのに、手術後、足の裏の痛みに変化がみられない人もいます。

足底筋膜炎の痛みの原因は、踵の骨が飛び出ていることだと言われていますが、そうではない場合が多いのです。

さらに手術をすると、患部を削ったり、縫い合わせたりするので、どうしても違和感が残ってしまいます。

足底筋膜炎には原因があり、正しい治療を受ければ、手術をする必要は全くないと私たちは考えています。

手術をすれば必ず痛みがなくなるわけではないのです。

オーダーメイドの靴

 足に合った靴が作れた場合、負担が軽減するので痛みが楽になり、歩きやすくなります。

しかし、足に合わなかった場合、逆に履いているうちに痛みがひどくなってしまいます。

高価なため、試すのにリスクがあり、足に合わなかった場合お金をムダにしてしまいます。

オーダーメイドの靴で痛みをごまかさずに治療で完治させることをお勧めします。 

 

上記で紹介した治療方法は、足底筋膜炎と診断をされたときに病院や接骨院でよく提案されるものです。

しかし、治療をしてもなかなか良くならずに、何ヶ月も、何年も治らない人は多いのです。

なぜでしょうか。

それはこれらの方法は足底筋膜炎の原因に働きかけるものではないからです。

残念ながら、現代の最先端医療でも足底筋膜炎の原因や治療方法はまだ解明されておらず、上記の治療方法では一時的に痛みを改善することはあっても、根本的に治すことは難しいのです。

例えば、注射や痛み止めは、一時的に神経をマヒさせることで痛みが楽になりますが、それは虫歯に麻酔を打って痛みを感じなくなっているのと同じことです。

たとえ痛みを感じていなくても、虫歯の治療をしないと虫歯が根本的に治らないのと一緒です。

「痛まない=治った」ではないのです。

ステップ4:足底筋膜炎に強い治療院で治療をする足底筋膜炎を最短で完治させるためにはやはり、プロに診てもらうことが一番はやいです。

しかし、全国には色々な治療院が多く正直、どこに通えばいいのかわからないと思います。

自分の住んでいる近くの治療院のホームページ見て確認して、スポーツ選手がたくさん通っている、スポーツ障害に詳しい治療院を探してください。

さらに、選ぶポイントとしては、

足底筋膜炎の原因を正しく理解している、痛い箇所だけを治療するのではなく、全身を診てくれる、再発のことまで考えながら治療をしてくれる院が良いですね。
ステップ5:足裏の痛みがなくなっても続けてケアをする足の裏は毎日使い続ける場所です。

その分、疲労が溜まりやすいので完治した後もケアは続けてください。

足底筋膜炎は、突然痛みが起きたわけではなく、毎日のケアをしていなかった事も大きく関係しています。

だからこそ、足底筋膜炎になった経験を活かしてこれからもケアをしてください。

 

足底筋膜炎を完治させる5ステップ

ステップ1:足の裏が痛くなる正しい原因を知ること

ステップ2:治療に専念出来る状況を作る

ステップ3:足底筋膜炎の間違った治療法を知り、すぐにやめる

ステップ4:足底筋膜炎に強い治療院で治療をする

ステップ5:足裏の痛みがなくなっても続けてケアをする足底筋膜炎は必ず良くなります。

あなたが痛みなく仕事や家事に励めるようになることを心から祈っています。

困った時はいつでもご相談ください!

http://physical-care.e-chiryo.jp/

頭痛について

こんにちは。
今回は寝起きに起きる頭痛について書いていきたいと思います。

寝起きに頭がズキズキして頭痛とともに朝起きるなんてことはありませんか?

そんな日は目覚めから気分が最悪ですよね。

睡眠時間をしっかりとっていても寝た気がしない、疲れが取れないなど、気持ちいい朝の目覚めを阻害してしまいます。

今回は、寝起きに頭痛が起こる原因と対策について7つご紹介します。 

 

つらい寝起きの頭痛をスッキリ解決!朝に頭痛が起こる原因と対策6つ

 

肩こりや首のこりからくる頭痛

仕事はパソコンが中心でいつも同じ姿勢をとっている人は、肩こりや首こりがどうしても発生してしまいます。

肩こりや首こりがひどくなると脳に行き渡る血液の量が減少し、脳はセロトニンというホルモンを分泌し脳を拡張しようとします。

このときに頭痛が発生するのです。

なので、肩こりや首こりを解消することが頭痛の対策となります。

さすがに仕事を変えることは難しいので、このような方は頭痛対策として、なるべく同じ姿勢を長時間しない、そして休憩時間にはストレッチをするのがよいでしょう。

また、寝る前にストレッチを行うのはもちろん、寝起きにストレッチを行うことで血流を促し目覚めは良くなります。

肩こりや首こりを起こさないように日頃から運動をしたり、筋トレを行うことも効果的です。

 

生理痛による頭痛

女性特有の頭痛の原因なのですが、生理中に頭痛が発生する場合があります。生理によるホルモンバランスの変化であったり、ストレスが原因で頭痛が発生するのです。

この場合、血管の拡張によって頭痛が発生しているため、血管を収縮させるコーヒーや紅茶などのカフェイン飲料をとるのが効果的です。

寝る前にカフェイン飲料をとると不眠の原因になってしまいますので、朝起きて飲用することをおすすめします。

また、空きっ腹にカフェインを摂取すると今度は腹痛の要因になることがありますので注意しましょう。

 

寝不足、寝過ぎによる頭痛

寝不足からくる疲労や寝過ぎによっても頭痛は発生します。

この場合の頭痛は、交換神経と副交感神経が一時的に混乱状態にあるからだと言われています。

つまりは、時間が経てば治る類いの頭痛です。

自然と治るのなんて待ってられないよ、という方はシャワーを浴びることをおすすめします。シャワーを浴びることによって一時的に混乱していた神経を元に戻すことができます。

 

寝起きの偏頭痛

もともと偏頭痛を持っている方は、寝起きの偏頭痛である可能性があります。

寝ているときにはリラックス状態を促す副交感神経が働きます。この副交感神経は血管を拡張させる働きもあり、血管が拡張するとそれに合わせて偏頭痛が発生してしまうのです。

この偏頭痛の見分け方は脈打つような痛みがあるかどうかです。

こうした偏頭痛の対策として、寝起きと同時にカーテンを開けて急に部屋を明るくしたりせず、光や音を控えめにして少し休みましょう。

休みながらこめかみに冷やしたタオルをあてることも効果的です。

偏頭痛を持っている人は保冷剤などをあらかじめ準備しておくのも良い対策です。

 

睡眠中の姿勢が悪いことで起こる頭痛

睡眠中の姿勢が悪いことで首や肩、腕のこりにつながり、目覚めに頭痛を伴うことがあります。

ベッドやマットレスも重要なのですが、特に大事なのが枕です。

枕が合わないことで睡眠中の姿勢が悪くなってしまっている可能性が高いです。そこで、自分に合った枕を使うようにしましょう。

オーダーメイドで自分に合ったものを作ってもらうのが一番ですが、難しい場合、枕の高さや位置を変えてみることをおすすめします。

 

二日酔いによる頭痛

寝起きの頭痛の原因として、前日にお酒を飲み過ぎたことによる二日酔いのために頭痛を起こす場合があります。

この二日酔いによる頭痛の対策としては、4つあります。

一つ目は血管を収縮させるためにカフェイン飲料を摂取することです。

二つ目は低血糖症や脱水症状が原因だと考えられますので、スポーツドリンクや果汁100%ジュースを飲みましょう。特に果汁は血中アルコール濃度を下げる効果もあります。

三つ目は二日酔いの原因であるアセトアルデヒドを分解する食べ物をとりましょう。代表的なものとして「しじみ」が挙げられます。

そして4つめですが、何と言っても一番の対策としては飲み過ぎないことです。


当院では一人一人の問診に時間をかけどこから原因の来ている頭痛なのかを探り出します。
その状態から今度はどのような治療がその人に合っているかを考え一番効果の高い方法を選択していきます。
もし辛い頭痛でお悩みなのであれば一度ご連絡ください。

当院URL⇒http://physical-care.e-chiryo.jp/

薬と食べ物の相性について

薬によって、食べ物の飲み合わせでその効きめが強く出たり、弱まったりすることがあるって知っていますか? 知っているようで、あまり知らない「薬と食べ物の相性」をここでは紹介していきます。

なぜ薬の効きめに強弱が?

なんとなく聞いたことがある食べ物と薬の相性。具体的には、何がよくて、何がNG?

なんとなく聞いたことがある食べ物と薬の相性。

具体的には、何がよくて、何がNG?

なぜ、薬によって食べ物の飲み合わせでその効きめが強く出たり、弱まったりするのでしょうか? 

それは薬の成分が溶け出して食べ物と混ざったとき、薬の成分が変化したり、吸収が早くなったり、遅くなったりしてしまうためです。
また少し難しくなりますが、薬は肝臓で代謝されて効果を発揮し、その後排泄されます。
しかし、その食べ物自体が薬の代謝を促進したり、抑制したりすることがあるのです。結果、薬の血中濃度が変わり、効果に強弱が出てしまうのですね。

ただし、すべての薬に起こることではなく、それは一部の薬。
気をつけたい飲み合わせの代表的なものだけでも知っておくと安心です。
以下にまとめたので、ぜひご覧ください。

グレープフルーツ

グレープフルーツは「フラノクマリン」と呼ばれる天然物質を含んでおり、薬の代謝に大きく関係する酵素の働きを抑制します。
この酵素が抑制されると薬が体内で吸収されやすくなり、結果、薬の効果が強く出てしまうのです。
場合によっては、副作用を引き起こすことも。

高血圧治療薬(カルシウム拮抗薬)、抗不整脈薬、脂質異常症治療薬、抗不安薬、睡眠導入剤、抗てんかん薬の一部で影響を受けるという報告があります。
また、その影響を引き起こすグレープフルーツの摂取量は、薬の種類や個々人によって著しく異なるため、一概に判断はできません。

なお、上記の薬の中でも影響を受けない薬もあり、もし心配であれば医師や薬剤師に「グレープフルーツを食べても大丈夫な薬はありますか?」と聞いてください。
影響を受けない薬を紹介してくれるはずです。
グレープフルーツをはじめとした柑橘類が好きな人は、遠慮なく相談してみてくださいね。

炭酸水など、酸性の飲み物

酸性の飲み物と胃酸を中和させる制酸剤(炭酸ナトリウムなど)と呼ばれる成分を含む胃薬(市販薬に多い)を一緒に飲むと、胃酸を中和させる前に反応が起こってしまうため、薬の効果が期待できなくなります。

カフェイン(特に過剰摂取)

風邪薬、鎮咳去痰薬、乗り物酔いの薬、痛風治療薬、骨粗しょう症の薬の一部とコーヒーなどを一緒に飲むと、胃の痛みや吐き気、頭痛、動悸といったカフェインや含まれている成分(キサンチン系)の副作用が強く出ることがあります。
これらの薬を飲むときには、コーヒーやドリンク剤などをたくさん飲まないようにしてくださいね。

高脂肪食

薬によっては、油に非常に溶けやすい成分を含むものがあります。一気に溶け出してしまって、効果が強くあらわれることも。最近流行りの糖質制限ダイエットの中には脂質を多く摂取することを推奨するものもありますが、服用する薬との相互作用を医師・薬剤師に確認するようにしましょう。

アルコール

アルコールとの併用は、いずれの薬も絶対にダメ!!! 
薬の作用が増強して副作用が出やすくなることがあり、アルコールで成分が変化してしまい、本来期待された効果以外の危険な作用があらわれることもあります。

どうしても避けられない接待などでお酒を飲まなくてはいけない場合は、医師や薬剤師に相談してみてください。
夜服用の薬を朝に変更するなど、飲み方を変えることで避けられる場合もあります。

その他

サプリメントなどでも相互作用が報告されています。
有名なのは、セントジョーンズワート(セイヨウオトギリソウ)。
薬の効果が弱まることがあります。
また、カルシウムのサプリメントでも一部の薬が吸収されにくくなったり、ビタミンDと薬の併用ではカルシウムの吸収が促進されすぎて、心臓への副作用が出ることもあります。

サプリメントを服用している場合も、医師や薬剤師にぜひ相談してください。
身体のケアやトレーニングのご相談はこちらへ!
http://physical-care.e-chiryo.jp/

トレーニングの7原則

こんにちは!

本日はトレーニングの7原則について書いていきたいと思います。

まずトレーニングの基本となる7つの原則とは?

11982243_m

トレーニングには定められた7つの基本原則というものがあります。トレーナーなどを志す人であれば、誰もが最初の段階で勉強することです。

逆に言えば、トレーナーを目指していない方や、普通にトレーニングしている分にはあまり聞いたことがにという方のほうのが多いかもしれませんね。

これから筋トレを始めようという方や、筋トレを現在行っている方も、トレーナーなら誰もが知っているこの7つの基本原則を理解することで、自分のトレーニングメニューの組み立てに役立てましょう!

・過負荷の原則

日常生活よりも強い負荷でトレーニングしなければ、体力は強化されないということです。余裕でこなせてしまうくらいの負荷設定では、トレーニングそのものの意味がほとんどなくなってしまいます。最大筋力の20%以下の筋力で行うトレーニングでは、筋力は低下していってしまうと言われています。例えば、ベンチプレスでmaxで100kg挙げられる人が、20kgの負荷でトレーニングをしていても筋力は衰えていってしまうということですね。筋トレの経験の浅い方に注意して頂きたい原則です。

・漸進性の原則

トレーニングの量や強度はずっと同じままだと効果は頭打ちになってしまうので、段階的に増加させていかなければなりません。その部位のトレーニングの最後のセットが少し以前より楽になったな、と感じたら次のトレーニングからわずかに強度を上げてみるようにしましょう。

・反復性の原則

トレーニングは気まぐれで行ったりしても効果は出ません。また、行ってすぐに効果が出るものでもありません。習慣的に行い、継続していくことで成果が得られます。その方のお仕事にもよりますが、出来れば何曜日に行うか、というのを決めておき、週に2回以上を心掛けていくと良いと思います。週の中で行けそうな日、と漠然計画するよりも、曜日を決めることで継続がしやすくなります。

・意識性の原則

このトレーニングは何のためのトレーニングなのか?どこを鍛えているのか?など意義や目的を理解して行わなければ充分な効果は得られない、ということです。スポーツなどを行っている方は、パフォーマンスのどの部分を向上させたいか、ダイエットや肉体改造をしている方は、どの筋肉を鍛えているのかを意識しながらトレーニングを行っていくようにしましょう!

・個別性の原則

その人に有効なトレーニングが、他の人にも同様の効果をもたらすとは限らないということですね。トレーニングの種目、量、強度を決める時は、その人の基礎体力、トレーニング経験の有無、年齢、性別、既往歴、取り組んでいるスポーツや目的など様々なことを考えて決められます。明らかなトレーニングプログラムの設計ミスは、怪我をする可能性もありますし、逆に強度が軽くて望んだ成果が得られないという事態を招いてしまいかねません。

・全面性の原則

ある部位や種目ばかりに偏ったトレーニングを続けていると、身体のバランスが崩れてきてしまい、充分な能力を発揮できなくなるばかりか、オーバーユース症候群といって身体の偏った部分の使い過ぎによる怪我を招く可能性があります。また、トレーニングというのは、ただ単に筋肉をつけるだけでなく、心肺機能や柔軟性、持久力や瞬発力、バランスなどあらゆる面を考えなくてはならないということです。

・特異性の原則

トレーニングの効果というのは、その行った内容以外の効果は表れないということですね。例えば筋肉の持久力を上げるようなトレーニングで筋肉は大きく出来ないし、逆に言えば瞬発力を高めるようなトレーニングで筋持久力を高めることは出来ない。トレーニングの持つそれぞれの特性を理解して、目的を達成するためには、どのトレーニングを行っていき、どの能力を高める必要があるのか、ということをトレーニングプログラムから考える必要があります。

曜日を決めておくと運動は続けやすい

いかがだったでしょうか?これはトレーナーが覚えることなので、もちろん全部覚えておく必要はないかもしれませんが、ダイエットをしたい!筋肉をつけたい!という方は上の3つ、過負荷の原則、漸進性の原則、反復性の原則、だけでも守れているかを常に意識するようにしてみてください!

反復性の原則で述べたように、トレーニングする曜日を決めておく、というのはトレーニングを続ける上で大事かなと思います。ちょうど原則繋がりで言うと、世界で最も売れたビジネス書と言われる「7つの習慣」でもスティーブン・コーブィー博士が、運動を習慣にする際は1週間の内の曜日を決めておくといいということが書かれてあったと思います。

ある程度の負荷でトレーニングし、それを続けて、段階的に強度を上げていく…

これさえ出来れば誰でも成果は出せるはずです!

梅雨とリウマチの関節痛

こんにちは!

ご覧いただきありがとうございます(*^^*)

今日は梅雨とリウマチの関係について書いていきたいと思います。

梅雨になると関節リウマチが痛むのは何故?

★雨と関節の痛みの関係


子供の頃に怪我で膝を痛めて以来、雨が降る前になると良く痛みが出る事がありました。

雨が降ると古傷が痛むとは良く言いますよね?

どうして梅雨の時期や雨模様の天気になると関節が痛むのでしょうか?

この天気が悪くなると痛む関節痛を「天気痛」とも言うそうです。

「天気が悪い=気圧が低い」この気圧の変化に実は人間の身体は反応しているのです。

当然、持病が無い人は気圧が低くなってもどこも痛みを発症することなく過ごせる訳ですが、気持ちが下がったり、何らかの影響はあるのでは?

事実、体内の気圧を押し返す力は気圧の高い時と同じである為、気圧が下がると身体が重く感じるのは当たり前の現象の様です。

低気圧によって体内の圧力が上がるとヒスタミンと言う物質が放出され、このヒスタミンが外部からの刺激に反応し炎症を起こします。

また、ヒスタミンは神経伝達物質として交感神経を刺激します。

この刺激された交感神経は血管を収縮させたり、心拍や血圧を上げます。

これにより関節周りの血管も収縮し血行不良生じさせ、疲労物質の蓄積が起こり痛みや倦怠感などが起こるのだそうです。

更に雨による湿度の上昇も汗が引かない原因となり身体がむくみ安くなります。

★辛い痛みとこの時期どう付き合うか


先ずはジメジメ蒸し暑いのに中々、汗も掛けずに重苦しい気分と関節リウマチの痛みに速攻で効くのは実は『お風呂』です。

シャワーではなく湯船にゆっくりつかり、汗をだして余分な水分を出し、温まる事で収縮してしまった血管を広げ血行促進の効果も期待できます。

これでかなり痛みとむくみが軽減できるのでは?

そして体内環境に必要になる食べ物はやはり、旬の物。

この時期旬を迎えるキュウリやスイカ、トマト、ナス等を摂取する事で汗をかいた後のカリウムやビタミンCの栄養補給になります。

また、身体に湿気を溜めない風通しの良い、ゆとりのある服装を心がけ、身も心もサラット軽快に過ごすようにしましょう。

梅雨のジメジメした湿気や気圧の変化による倦怠感。

この時期は気持ちも沈みがちですが、身近な事から出来る梅雨の対策で、辛い痛みに負けない自分を作って行きましょう。

 

梅雨時のつらい痛みにお悩みの方はご相談ください!

http://physical-care.e-chiryo.jp/



                    

















不眠症に対する鍼灸治療

こんにちは!

本日は不眠症に対する鍼灸治療について書いていきたいと思います。

眠症と鍼灸(はり灸)治療

日本人の5人にひとりが睡眠に悩みをもっている。
いま日本では、眠りたいのに眠れない人が増加しています。国立公衆衛生院の研究者が実施した調査によれば、不眠症で悩んでいる人は、男性で17.3%、女性で21.5%にのぼっているということです。

つまり、日本人のおよそ5人にひとりが睡眠に関して、なんらかの悩みをもっているというわけです。当院に来られている患者さんも、なにかの病気にともなって、眠りたいのに眠れない、という方がたくさんいます。

たとえば、うつ病ではほとんどの場合、不眠をともないますし、自律神経失調症でも医師によって睡眠導入剤が処方されるケースが多く見られます。また、女性の更年期障害においても、不眠は不定愁訴のひとつとなっています。一方、国際線のスチュワーデスのように、人間がもっている生体リズムが外因的な要因で乱され、それで眠ることができない、というケースもあります。

これらのいずれの場合にも、緊張やイライラなどをほぐして体をリラックスした状態にし、自然な眠りに誘うために鍼灸(はり灸)治療は有効です。もちろん、生活のリズムがめちゃくちゃで眠れないといった患者さんには、鍼灸(はり灸)治療をする以前の問題として、生活リズムを正していくようにアドバイスを行います。

不眠症に対する鍼灸(はり灸)治療のポイントですが、「太衝(たいしょう)」などに鍼をして、緊張をほぐし、自律神経の調整を行っていきます。とくに、神経が高ぶってイライラし、それで眠れないようなときは、足の甲にある「太衝(たいしょう)」が固くこって、押しただけでとても痛みを感じます。

夜、ぐっすり眠れるように、1週間に一度、あるいは2週間に一度といった頻度で、仕事帰りにアイム鍼灸院に立ち寄り、鍼灸(はり灸)治療を受けて帰る方がたくさんいらっしゃいます。
鍼灸(はり灸)治療によって自然治癒力を高め、ホルモンバランスを調整して、仕事で疲れた心身をリセットするわけです。

この太衝以外にも不眠症に対して効果の高いツボはたくさんあります!

不眠症でお困りの方は是非一度ご連絡ください。

http://physical-care.e-chiryo.jp/

アキレス腱の痛み  〜アキレス腱周囲炎〜

 

こんにちは

今日は、アキレス腱の痛みについて書いていきます。

 

 

どんな病気か
.
 アキレス腱炎は使いすぎによるオーバーユース症候群のひとつで、スポーツ障害としては頻度の高いものです。繰り返しのストレスによりアキレス腱に微細な部分断裂や瘢痕化はんこんか(きずあと)が生じており、腱の変性が認められます。

 アキレス腱はパラテノンという薄い膜でおおわれていますが、この部分に炎症を生じた場合をアキレス腱周囲炎といいます。

 この両者は同時に発症していることも多く、厳密に区別することは難しいこともあります。アキレス腱付着部に生じるアキレス腱滑液包炎けんかつえきほうえんという病気もありますが、両者とは別の病態です。

 

 

原因は何か
.
 加齢変化のひとつである腱の変性がベースにあるため、中年以上の市民ランナーやウォーキングをしている人に多く発症します。使いすぎが原因しているために、運動量と発症には密接な関係があり、不適切なトレーニング方法が原因していることもあります。また、靴の不適合や扁平足へんぺいそくなどの足部変形も原因のひとつになります。

 

 

症状の現れ方
.
 かかとへの付着部から上方2〜6cm部分のアキレス腱が腫脹しゅちょうし、押さえると痛みが増強します。運動したあとや朝起きた時の歩き始めに痛みが強く、症状が進行すれば安静にしていても痛いことがあります。足関節を背屈はいくつすることで疼痛とうつうが増強します。

 進行すれば足関節の動きが悪くなり、アキレス腱周囲炎では足関節を動かすとアキレス腱にきしむような摩擦音が聞こえることがあります。

 

 

治療の方法
.
 保存治療が原則で、痛みが強い時には運動を控えて局所を安静に保ちます。

 少しヒールのある靴を履いてかかとを上げると、アキレス腱の緊張が軽減され疼痛が改善します。

また、扁平足などの足部変形がある場合には、

足底挿板そくていそうばんを処方することによりアキレス腱への負荷が軽くなります。

 スポーツ選手への局所注射は、腱の変性や断裂を生じる場合があり、慎重を要します。

慢性期で再発を繰り返す場合には、手術的にアキレス腱を再建する方法がありますが、適応になるのはごくまれです。

 症状の改善が認められれば徐々にスポーツを始め、

運動前のストレッチングや運動後のアイシングを励行するようにします。

 

当院の治療としては

足のアーチのをしっかり整えることをします。

偏平足、ハイアーチともにアキレス腱には捻じれが生じます。

このままスポーツなどを行うと

アキレス腱の痛くなるリスクは高くなってしまいます。

ここを改善していきます。

 

アキレス腱の痛みで悩んでいる方はお問い合わせください

http://physical-care.e-chiryo.jp/

顔面神経麻痺について

こんにちは。
今回は顔面神経麻痺について書いていきたいと思います。 

 

顔面神経麻痺(ベル麻痺)とはどんな病気か

 顔面神経麻痺は、顔面神経によって支配されている顔面筋の運動麻痺です。急性あるいは亜急性に発症します。原因疾患が明らかな症候性(しょうこうせい)顔面麻痺と、明らかな原因が不明な特発性(とくはつせい)顔面神経麻痺(ベル麻痺)とに分けられます。 
 原因疾患として多いのは、ヘルペスウイルス感染症で、典型的には口唇(こうしん)ヘルペスを以前患った方が突然の顔面神経麻痺で発症します。ほかには腫瘍(しゅよう)や代謝疾患が原因となる場合もあります。顔面神経は、運動神経以外にも舌の前3分の2の味覚を伝達したり、アブミ骨筋という音量を調節する小さな筋を支配しています。

原因は何か

 特発性顔面神経麻痺の原因はいまだ不明ですが、考えられる可能性としては寒冷曝露(かんれいばくろ)、アレルギー、局所浮腫(きょくしょふしゅ)、ウイルス感染などがあります。 
 いずれにしても、顔面神経は顔面神経管と呼ばれる骨で取り囲まれた狭いトンネルを通って脳から外に出ますが、何らかの原因で顔面神経がはれる(浮腫)と顔面神経が圧迫され麻痺が現れると考えられています。

症状の現れ方

 ベル麻痺の典型的な症状は以下のとおりです。 (1)男女差、年齢層に関係なく、突然始まる片側顔面筋の運動麻痺が主な症状です。その結果、額にしわを寄せられない、眼を閉じられない、口角が垂れ下がる、口を尖(とが)らせて口笛がふけなくなる、口角からよだれが垂れる、などの症状が起こります(図30)。 (2)麻痺側の耳が過敏になり、音が大きく響くように感じることがあります。 (3)麻痺側の舌の前方3分の2の味覚障害を伴うことがあります。典型的な訴えとしては、ものを食べた時、金属を口に入れたような感じがするというものです。 (4)眼が閉じにくいため、眼を涙で潤(うるお)すことができず、夜間などに角膜が乾燥しやすくなります。そのため、角膜に潰瘍(かいよう)ができることがあります。 (5)比較的予後は良好で、数カ月で自然治癒することもあります。 (6)治癒が完全でない場合には、顔面麻痺が残ることがあります。また再生した顔面神経が本来の支配先と異なった筋を支配してしまった場合には、口を閉じると眼が一緒に閉じたり、熱いものや冷たいものを食べた時に涙が出たりする異常連合運動が起こることがあります。

検査と診断

 診断は典型的な顔の表情から比較的容易です。しかし、原因となる病気がある場合、両側に同時に発症したり何度も繰り返す場合などは、MRIなどの画像診断が必要です。そのほかにサルコイド、ライム病などのややめずらしい病気でも起こることがあり、それらが疑われる場合には、血液検査などほかの検査が必要になります。 
 顔面神経麻痺の発症前に、耳のなかに痛みや水泡(すいほう)の形成が先行する場合は、ヘルペスウイルス感染による麻痺がまず考えられます。また、障害の程度や回復の正確な評価のために、筋電図や誘発電位検査が行われることもあります。

治療の方法

 基本的には外来で治療可能な場合が多いのですが、検査が必要な場合、診断がはっきりしない場合、顔面神経麻痺の程度が強い場合などでは、入院が必要です。 
 副腎皮質ステロイド療法が効果的と考えられていますが、糖尿病や感染症を悪化させる可能性があるので、それらの病気がある場合には慎重な対処が必要になります。そのほかに、ビタミンB12やビタミンEなどの製剤が神経修復の促進に使われます。 
 明らかなヘルペスウイルス感染の証拠がない場合でも、抗ウイルス薬の投与で顔面神経麻痺が改善するという報告が最近あり、同時に抗ウイルス薬が投与されることがあります。また、眼が閉じにくい場合、人工涙液(じんこうるいえき)を点眼して角膜を保護することが必要です。 
 リハビリテーション療法も重要で、麻痺した筋肉をゆっくりとマッサージすることや、顔面の筋肉をはたらかせるために百面相の練習をすることが有効です。

東洋医学治療  

顔面神経麻痺に対しては鍼灸治療最も効果をあげられます。針灸治療によって経絡を活性化して、気・血のながれをよくしそれによって麻痺した神経の働きが徐徐に回復していくと考えています。  

 

鍼灸治療と治療時期及びかかる時間   

顔面神経麻痺は早期治療が大切な病気である。時間が経てば経つほど、治りにくくなり、後遺症が残りやすくなる。 顔面神経麻痺に対して鍼灸院によって様々な鍼治療法がありますので、まず顔面神経麻痺に対しての治療経験豊富な鍼灸師を慎重に選んだほうがいいでしょう。

 顔面神経麻痺は症状や発病の時期によって治療法が変わることがあります。特に顔面神経麻痺発症の初中期は低周波を使っての電気鍼など強い刺激は避けるべきです。病的な共同運動など後遺症が出現しやすくなることがあります。鍼灸は主に自然治癒力を活かして、麻痺された神経を早期回復することに主眼がおかれます。 顔面神経麻痺は自然に治ることもあります。しかし、麻痺の程度や治療法、治療開始時期などによって、予後に大きく影響することがあります。  

もし顔にいつもと違う違和感を感じる時があれば是非一度ご相談ください

 

当院URL⇒http://physical-care.e-chiryo.jp/

浮指について

こんにちは!

本日は浮指について書いていきたいと思います。

正しく歩くことを妨げる「浮き指」とは?

「浮指」の画像検索結果

文字通り、普通に立っているのに、足の指が浮いている状態を「浮き指」といいます。 
本来、立っている際に、土踏まず以外の足裏全体が接地していることが理想とされています。ところが、浮き指の場合、5本の指が反っている、または、丸まっていることにより接地しないため、重心が指のつけ根とかかとの2点になってしまうのです。

浮き指の原因は、大きく2つに分けられます。
まずは、小さい頃からはだしで歩く機会が少ないため、5本の指で踏ん張るという経験が乏しいこと。
そして、もう一つが、サイズの合わない靴や、パンプス・ミュール・サンダル・スリッパなどの脱げやすい履物で歩くことで、履物が脱げないように、無意識に足指を反らせたり、丸めることが習慣になってしまうことです。
浮き指になると、通常に比べて、かかとにかかる重心が大きくなってしまうことから、身体全体のバランスが崩れて、深刻なトラブルを引き起こす可能性があるのです。

浮き指が引き起こす諸症状

正しく歩くことで、脚やせにも効果があるといわれているウォーキングでは、かかとで着地して、つま先で蹴り上げることが鉄則といわれています。特に、親指でしっかり踏み出すことで、股関節から全体の筋肉が効果的に働き、新陳代謝や脂肪の燃焼が促されるのです。

ところが、つま先でけり上げることができない浮き指では、かかとに重心を置いた、不安定な歩き方になるため、ふくらはぎや太ももなどの、下半身の筋肉が不自然に発達してしまいます。
さらに、正しくウォーキングができないことから、歩いても脂肪が燃焼されず、やせにくいのです。

また、指のつけ根とかかとの、2点のみに重心がかかった状態で、身体がうまくバランスを取ろうとすることによって、膝や股関節に無理がかかってしまい、O脚や膝痛、腰痛につながる可能性があります。
それが、さらに悪化すると肩こりや頭痛に発展し、最悪の場合、自律神経の崩れにより“うつ”を発症するともいわれています。

浮き指のセルフチェック法

最も分かりやすい方法が、お相撲さんの手形のように、足の裏にインクを塗って紙にペタリとし、指の部分の跡がついているかどうか確認する方法ですが、これはちょっと面倒ですよね。
浮き指かどうか判断するためには、もっと分かりやすい基準があります。それは、手で、親指を足の甲側に引っ張って、反らせた時の角度です。
正常な人では45〜75°くらいしか反らないところ、浮き指の場合は90°以上も反るのです。
また、最近では、ピドスコープとよばれる機器で足底圧を測定してくれる靴の専門店があるので、靴を買い替える際に、相談してみてはいかがでしょう。

「浮指」の画像検索結果

浮き指を改善するには

まず重要なのが、使われずに低下してしまった、指の筋肉を鍛えることです。
それには、足の指で、グー・チョキ・パーを繰り返す「じゃんけん体操」や、5本の指で床に置いたタオルをたぐり寄せる運動が有効です。
次に重要なのが、自分に合った、脱げにくい靴を履くということ。さらに、浮指を改善するテーピングをする、踏ん張る力をサポートしてくれるインソールを使うと、さら効果的です。

そして、ある程度、指の筋力が回復したと思ったら、かかと着地・つま先蹴り上げの、正しいウォーキングに挑戦してみましょう。

浮き指でお困りの方は是非一度ご相談ください。

http://physical-care.e-chiryo.jp/

当院へのアクセス

 

大きな地図で見る

針中野フィジカルケア鍼灸整骨院

住所〒546-0013
大阪府大阪市東住吉区湯里1-14-4
TEL06-6702-7004
受付時間月〜金 10:00〜21:00
土   10:00〜19:00
オンラインショップhttps://physical.theshop.jp/
院長郷田 博基
針中野フィジカルケア鍼灸整骨院
Facebookもチェック
アスリート・スポーツ選手に人気の即効性と根本治療:針中野フィジカル鍼灸整骨院

PAGE TOP