ドゥケルバン病について

こんにちは!

本日はドゥケルバン病について書いていきたいと思います。

ドケルバン病(狭窄性腱鞘炎)

手・指の症状手関節の症状

母指(親指)を広げると手首(手関節)の母指側の部分に腱が張って皮下に2本の線が浮かび上がります。ドケルバン病はその母指側の線である短母指伸筋腱と長母指外転筋が手首の背側にある手背第一コンパートメントを通るところに生じる腱鞘炎です。

症状

手首(手関節)の母指側にある腱鞘(手背第一コンパートメント)とそこを通過する腱に炎症が起こった状態で、腱鞘の部分で腱の動きがスムーズでなくなり、手首の母指側が痛み、腫れます。母指を広げたり、動かしたりするとこの場所に強い疼痛が走ります。

注:短母指伸筋腱は主の母指の第2関節を伸ばす働きをする腱の1つです。
  長母指外転筋腱は主に母指を広げる働きをする腱の1つです。

症状

@短母指伸筋腱(たんぼししんきんけん)
 主に母指を伸ばす働きをする腱の一本です。
A長母指外転筋腱(ちょうぼしがいてんきんけん)
 主に母指を広げる働きをする腱の一本です。
B腱鞘(けんしょう)
 @とAの腱が通るトンネルです。

原因と病態

原因

妊娠出産期の女性や更年期の女性に多く生じます。手の使いすぎやスポーツや指を良く使う仕事の人にも多いのが特徴です。

病態

母指の使いすぎによる負荷のため、腱鞘が肥厚したり、腱の表面が傷んだりして、さらにそれが刺激し、悪循環が生じると考えられています。
特に手背第1コンパートメント内には、上記の2種類の腱を分けて通過させる隔壁が存在し、これがあるために狭窄が生じやすいです。

病態

診断

上記の部位に腫脹や圧痛があり、母指と一緒に手首を小指側に曲げると痛みがいっそう強くなることで診断します(フィンケルシュタインテスト変法)。
正しくは母指を写真のように小指側に牽引したときに痛みが強くなることで診断します(フィンケルシュタインテスト)。

フィンケルシュタインテスト変法フィンケルシュタインテスト変法 フィンケルシュタインテストフィンケルシュタインテスト

自分で調べるには手首を直角に曲げ母指を伸ばしたときに疼痛が増強するか否かで判定します(岩原・野末のサイン)。

治療

@ストレッチ、マサージ
肥厚した腱鞘や周辺の筋肉をストレッチやマッサージでほぐすことで、血行を促進し代謝を促し痛みを緩和する効果がある。
炎症が著名なときは痛みで出来ないことがあり、誤ったストレッチやマッサージで悪化することも多い。

A固定
腱鞘炎の治療で最もだいじなのが固定です。テーピング、シーネ、ギプス、固定用サポーターなど、バリエーションも多く、TPOによってうまく使い分けて治療します。
どんなに完璧な治療をしても固定を怠れば根本的な治療をしたことにはならないので、当院では必ず患部を固定します。

B鍼灸治療
炎症部位や肥厚部位、癒着部位や周囲の筋肉を直接治療できるので、最も有効な治療法といえます。ロッキングをおこしたバネ指でも一回でロックがとれることも珍しくありません。炎症や痛みが著名で他の治療法が出来ない場合でも鍼灸治療は可能です。
薬で痛みが治まらない症状でも鍼灸治療で治まることがありますので、外科で手術を勧められたら、その前に鍼灸治療を是非お勧めします。


お困りの方は是非一度ご相談ください!

http://physical-care.e-chiryo.jp/

ぎっくり腰ならぬぎっくり背中?

こんにちは!

ご覧いただきありがとうございます(*^^*)

今日は、ぎっくり腰ならぬ「ぎっくり背中」って何?というお題です。                                    

ふとした動作で背中に痛みが走り、それ以後、腕や頭を動かすだけでも痛い、腰を動かしても痛い…寝返りも、くしゃみもツライ!といった経験はありませんか?

 あなたも「ぎっくり背中」かもしれません!


そもそもぎっくり背中とは?

ぎっくり腰と同じようなことが背中にも起こる??
「ぎっくり背中なんて聞いたことない!」という方もいるかと思います。

ぎっくり腰のようにその頻度は多いものの、「背中の痛み」としか表現されず「ぎっくり背中」という言葉には馴染みが無いのかもしれません。
それもそのはず、ぎっくり背中とはぎっくり腰を経験した方々が、ぎっくり腰の発症と似ている背部痛として、そのように表現していたり、ただ呼びやすいために「急な背中の痛み=ぎっくり背中」と表現していたりするからです。

実は頻度は多いぎっくり背中

正式名称でも医学的な用語でも無いぎっくり背中ですが、その頻度は少なくはありません。

腰の上部を指して「背中が痛い」と表現する方もいらっしゃいますが、腰痛を腰椎のあるレベルまでとすると、このぎっくり背中と表現される範囲はとても広いです。
おおまかにですが、肋骨(あばら骨)のある範囲の背部が、この範囲となります。

ですから痛みのある部分が、背中の中央レベルであったり、肩甲骨のレベルであったりするわけです。

急な痛みを肩甲骨内側や、背骨付近、肋骨付近に生じ、体や腕を動かすたびに痛みを感じ、動作が制限されたり、咳払いも恐々……となるかもしれません。

急な背中の痛み! その原因は?


背中に疲労が蓄積されていると、伸びをした拍子にぎっくり背中に見舞われることも!
1本の背骨を首の部分(頚椎)、背中の部分(胸椎)、腰の部分(腰椎)と分けてみると、背中の部分の構造は、首や腰とはだいぶ異なるものになります。
背中の部分は内臓が収まるかのような後方への生理的なカーブがあり(首、腰のカーブは前方へのカーブ)、また肋骨があることでの安定性もあります。
その一方で、背中にある複数の筋肉や関節の機能は、肩こりや腰痛に伴う筋肉のアンバランスや姿勢の変化による影響を受けやすい面もあります。

肋骨と背骨との連結部分にも負担がかかることがあり、そうなると呼吸をするだけでズキっと痛みが走ることがあります。

ぎっくり背中と呼ばれる状態になると、筋肉の過度な緊張や筋繊維の微細断裂の可能性が懸念されます。

どんな時に背中がギクっと痛くなる?
ぎっくり背中になると、ちょっとした咳やくしゃみで痛みが走るかもしれません
ぎっくり背中というネーミングから、ぎっくり腰のように、ふとした拍子に突然襲う痛みであることが想像できると思います。

(朝目覚めたら、痛くなっているなどきっかけの動作が無いケースもあります)
肩こり・腰痛で頚部・腰部を支える筋肉のアンバランスや機能低下、そして疲労の蓄積に起因する場合があります。

そういった不調を自覚していても「普段、こりは感じない。」と自覚が無い人でも、背中に激痛が走ることがあります。
■ぎっくり背中 危険な瞬間!
棚の上にある荷物を取ろうと、腕を伸ばした瞬間    

久しぶりのテニスやゴルフなど、腕を使い体を捻る動作のスポーツを行う時    

深呼吸をした瞬間    

デスクワーク中に床に物を落とし、座ったままそれを拾おうとした時    

服の袖に腕を通そうとした時    

くしゃみ、咳の瞬間

※ 背中の痛みを生じた場合で、胸部痛や息苦しさ、発汗、強い背中の痛み、絶え間なく痛む、寝ている時もつらいなどがあれば、早めに医療機関へ行きましょう。

ご自身で判断が難しい場合も不安回避のために、内臓疾患からの関連では無いことを確認しておくことも良いかと思います。

急な痛みにお困りの時はご相談ください!

http://physical-care.e-chiryo.jp/

膝の痛みに対しての鍼灸治療について

こんにちは!

本日は膝の痛みに対しての鍼灸治療ついて書いていきたいと思います。

変形性膝関節症、

スポーツ障害などの膝の痛みに対しての鍼灸治療

 

膝は常に強い負担がかかる場所です

坂道や階段の上り下りや、膝を深く曲げる正座などは
歳と共にだんだん辛くなってゆきます。
また、ジャンプなどの多い球技や、繰り返し負担のかかるマラソンなども
膝にダメージを負いやすいです。

膝関節に変形があっても、痛みの原因は筋肉であること多いです

膝の骨や関節の変形も、筋肉に負担がかかり、血流が悪くなり硬くなった結果、
膝関節に直接負担がかかり、変形を生ずるものがほとんどです。
筋肉の血流を良くし、軟らかくして負担をゆるめると
膝の痛みはかなり軽減されます。
その後、筋力の強化を図れば、膝痛の再発も防げるのです。

膝の痛みを起こす疾患(主に加齢によるもの)

変形性膝関節症

左足前面
左足前面

主に膝の内側に痛みが出やすいですが、変形の仕方により様々な箇所に痛みがでます。

太ももの前側の筋肉(大腿四頭筋)は、足を動かすだけでなく
歩行の着地の際に、膝への衝撃を吸収するクッションの役割もあります。
大腿四頭筋が、歳をとり衰えてくると、衝撃を吸収しきれなくなり
膝関節の軟骨(半月版)や、膝周囲の骨に直接負担がきます。
長年、負担にされされた膝の骨は、やがてすり減り、少しずつ変形してしまいます。
変形の過程で、炎症が生じ、腫れて水が貯まったり、熱を持ったりして、膝が痛くなります。
また、衰え硬くなった大腿四頭筋自体も、膝関節を引っ張り、痛みの原因になります。
特に、下り坂や下り階段などが辛くなります
膝の変形が進むと、膝が深く曲がらなくなり、正座が出来なくなります。

変形性膝関節症の鍼灸治療

まずは、衰えて硬くなった、大腿四頭筋の血流を、針で良くし、筋肉をやわらげ
膝のクッションを復活させます。そして、適切なリハビリ、運動を指導いたします。
痛みが軽くなるばかりか、痛みの再発もかなり防げます
膝関節に腫れや熱がある場合は、それを囲うように灸をすると
腫れがすみやかに引いてゆきます。
ただし、腫れが大きい場合は、いったん整形外科で水を抜いてもらってから
鍼灸をすると、膝の腫れが引き、再発もしにくくなります。

鵞足炎(がそくえん) 左足前面左足前面

図に示した、膝の内側、関節よりもやや下のほうが痛み
膝を伸ばした時や、階段の上り下り、ひどくなると歩く際や安静時にも痛みがでます。
鵞足とは、まさにこの痛みが出ている部分のことで
太ももの内側の筋肉が複数くっついている場所なので
スポーツ時、または筋力が衰えて硬くなり、引っ張られる刺激が続くと
炎症を起こし、痛みが出ます。
明確に負担をかけた記憶がなくても、痛みが発生する場合もあります

鵞足炎の鍼灸治療

痛みの強い鵞足部に皮内針、太ももの内側の硬くなった筋肉に針をすると
一回でかなり痛みが改善されます。
数回の治療で治る場合が多いです。
開脚してのストレッチが、予防につながります。

膝蓋大腿関節症

左足前面左足前面

膝の上のほうに痛みや腫れがでます。
太ももの筋肉が衰えて硬くなったり、スポーツなどをして
筋肉に過剰に負担がかかると
膝蓋骨という、膝のお皿が引っ張られて、
太ももの骨と摩擦され、炎症が起き、痛みが出ます。

膝蓋大腿関節症の鍼灸治療

太ももの筋肉を針で緩め、腫れがひどい時は囲うように灸もします。

膝の痛みを起こす疾患(主にスポーツによるもの)

膝蓋靱帯炎(ジャンパー膝)

左足前面左足前面

太ももの前側の筋肉(大腿四頭筋)は、
膝のお皿(膝蓋骨)のやや上方で一つにまとまって膝蓋靱帯となり
図の赤く囲った、膝蓋骨の下の骨(脛骨粗面(けいこつそめん))に着きます。
膝の屈伸やジャンプなどの繰り返しで、大腿四頭筋の収縮が繰り返されるたびに
膝蓋靱帯が引っ張られ、炎症が起き、膝に痛みが出ます。

オスグッド病

左足前面左足前面

中学生歳くらいの、骨の形成が不安定で軟らかい時期に
大腿四頭筋に負担がかかる運動をしすぎると
人によっては、上記の膝蓋靱帯炎のような痛みが出て
かつ、脛骨粗面が、膝蓋靱帯に引っ張られて、飛び出してきます。
痛みを我慢して運動を続けると、脛骨粗面が剥離骨折を起こすこともあります。

腸脛靱帯炎

左足外側左足外側

ランナーズ二ーとも言い、主に、マラソンやジョギングをする方
O脚が進み膝がガニ股になった方などに出やすい症状です。
股関節から、膝の外側にかけて伸びる腸脛靱帯が、
使いすぎの疲労や、骨の変形による摩擦で、痛みます。

膝蓋軟骨軟化症

左足前面左足前面

主に10〜20台の、スポーツをする女性に起こりやすい症状です。
大腿四頭筋が弱く膝関節が不安定であったり
ハイヒールで膝に負担がかかったりすると、
膝蓋骨が大腿四頭筋に引っ張られて、膝蓋骨の裏側が大腿骨とこすれあい
膝蓋骨裏側の軟骨が変形し、炎症が起きます。
主に立ち上がり、階段の上り下り、膝の皿を押した時などに痛みが出ます。
膝の皿に違和感を覚えたり、ゴリゴリといった音が鳴ることもあります。

タナ障害

左足前面左足前面

スポーツ時に、膝の内側に限局した痛みがあったり
立ち上がる際にひっかかるような重苦しさが出ます。
ポキポキなど、音が出る場合もあります。
膝の関節の中にある、滑膜ヒダという組織が、
繰り返しの摩擦で炎症を起こして厚くなり
骨の間に挟まって違和感や痛みを生じます。
特に、スポーツなどで使いすぎた時は、症状が強く出ます。

膝の後ろ側の痛み

ヒラメ筋、足底筋など、ふくらはぎのインナーマッスルが原因であることが多いです。

スポーツによる膝の痛みの鍼灸治療

スポーツ障害、使いすぎ症候群などの膝の痛みは
基本的には、押したり動かしたりして痛みの出る箇所と
関連する、硬くなった筋肉を針で緩めることで
膝の痛みが緩和されます。
大腿四頭筋が使いすぎて硬くなり
骨や靱帯が引っ張られて、様々な障害が起こることが多いので
これを鍼灸治療で十分に緩めるのは、痛みの軽減だけでなく
膝痛の再発の防止になります。
痛みが取れてからの、充分なストレッチ、筋力強化も重要です。

鍼灸による、膝の痛みの治療のメリット

膝の痛みを緩和させる為の治療のポイントは

・痛みが強く出やすい、筋肉が骨に付着している部分
・腫れや炎症が起きて痛みのひどい箇所
・骨や靱帯を引っ張る原因となっている、硬くなった筋肉

以上の三点になります。
痛みが強く出ている部分に関しては、皮内針という、テープで止めておく針が
絶大な効果を発揮します。
炎症や腫れの箇所は、囲うように灸をすると、すみやかに取れます。
硬くなった筋肉は、針治療の一番の得意分野です。
電気や手では届かない、筋肉の奥の部分を、
ダイレクトに刺激し、血行を良くして和らげることができます。

膝の痛みでお困りの方はご相談ください!

http://physical-care.e-chiryo.jp/

 

前十字靭帯損傷について

こんにちは!

本日は前十字靭帯損傷について書いていきたいと思います。

前十字靱帯損傷

前十字靱帯の役割

膝関節は前後の動揺(ぐらつき)を防ぐために、十字の形をした2本の十字靭帯、すなわち前十字靭帯と後十字靭帯が存在します。

またこの2つの靱帯により膝の回旋運動も制御されています。

後十字靭帯は親指程度の大きさで、前十字靭帯は小指程度の大きさです。強度は後十字靭帯が前十字靭帯より強いため、後十字靭帯より前十字靭帯の損傷を多く認めます。

その中でも前十字靱帯は下腿(すね)が前方にずれることと内旋(内側にひねる)しすぎないように防いでいる靱帯です。

どのようにしてケガするの?

スポーツ外傷に多い頻度で見られます。
   ※バスケットポール,スキー,バレーポール,サッカーなど

  • 膝の外側からタックルされたとき、ステップを切ったとき、ジャンプして着地したときなどに膝がガクッと外れて損傷することが多く、断裂が生じると、膝関節の不自然なねじれが生じ、スポーツすることが困難になります。

症状は?

ケガした瞬間に「ゴリッ」や「ポキッ」、「プチッ」などの音を伴うこともあります。
その時に膝がはずれたと感じることもあります。

前十字靱帯

初期の症状は膝関節の

  1. 痛み
  2. 腫れ
  3. 運動障害
  4. 関節内血腫 です。

時間が経過した状態では

  1. 「膝がぐらぐらする」
    走ってきて止まろうとしたり、階段昇降などで膝がズレルような感じがする
    下腿部が前方不安定になる
  2. 「膝に力が入らない」
    歩行中に不意に膝がガックと抜ける感じ
    膝くずれ現象といいます
  3. 「膝が完全に伸びない、正座ができない」
    膝がひっかかる様な感じがする
  4. 「スポーツ復帰して何度も膝をはずしてしまう」
    急なストップ、方向転換などの動作ができない、痛い
  5. 「膝が腫れて、熱をもつ」  などです。

治療方法は?

  • 前十字靭帯は、一度断裂してしまうと自然につながったり、断裂部を縫合(ぬってつなぐこと)して治すことは出来ません。
    したがって、靭帯再建術(他の組織を使って手術的に靭帯を作り直すこと)を行うことになります。
    しかし,前十字靱帯再建術は侵襲が大きな手術であり,術後リハビリテーションに長期間(612カ月)かかるため,若年者で日常生活に支障があるか,スポーツ活動を積極的に望む場合が手術の適応と考えられています。

  • 手術をしない方法では装具療法(硬性装具とサポーター)や筋力強化訓練が主な治療法となります。
    この靱帯が損傷されると膝関節の安定性が著しく損なわれ、関節が必要以上にずれる感じになります。また、不安定な状態で放置すると関節内の磨耗も起こり、半月板の損傷や骨の変形を招くことにもなりかねません。

◎どちらの方法でも太ももの筋力強化やストレッチングを日々行なう事が大切です。

お困りの方は一度ご相談ください!

http://physical-care.e-chiryo.jp/

 

 

アキレス腱炎について

こんにちは!

ご覧いただきありがとうございます(*^^*)

今日はスポーツ選手によく見られる、アキレス腱炎について書いていきます。

アキレス腱は、足を動かす上で重要な役割を果たしている部位であると言えます。  

それだけにアキレス腱に起こるスポーツ障害は、非常に重大な意味を持っているといえます。  

アキレス腱に炎症が発生するアキレス腱炎ではどのような症状が現れるのでしょうか。  

アキレス腱炎について解説していきます。


アキレス腱炎とは?

足の動作を司っているアキレス腱は、全てのスポーツに大きく関わっている筋肉であるといえます。

そのため、アキレス腱に起こるスポーツ障害はスポーツへの影響が大きいのです。

アキレス腱が炎症を起こすアキレス腱炎はどのような原因で起こり、どのような症状を起こすのかを紹介します。
アキレス腱炎の原因スポーツの性質上、酷使されることの多いアキレス腱は常に小さな断裂と再生を繰り返していると言えます。

この小さな断裂こそがアキレス腱炎の原因と言えます。アキレス腱の小さな断裂は、運動による酷使の繰り返しと疲労の蓄積によって発生します。

この断裂が再生する過程でアキレス腱の組織が炎症を起こして、アキレス腱炎を引き起こしているのです。
アキレス腱炎の症状アキレス腱炎は、アキレス腱断裂に比べて軽い怪我であるといえます。

しかし、症状として発生する痛みは、アキレス腱断裂よりも頻繁に起こるのです。アキレス腱炎の主な症状でもある痛みは、歩行やジャンプなどの足が関わる動作を行うごとに発生します。また腫れを伴うのも症状の一つで、進行すると腫れを原因とする血行不良やしこりを引き起こします。
アキレス腱炎の悩みアキレス腱炎を発症すると、足を動かすだけでも痛みが起こるようになります。

運動能力の低下は見られないまでも、痛みが続くため運動も日常生活も困難になりやすいのです。

アキレス腱炎の主症状である痛みは、スポーツの現場では我慢すべきものとして指導されていることが多々あります。

しかしアキレス腱炎を治療せずに、痛みを我慢して運動を続けていると炎症を起こした組織が繊維状の瘢痕組織に置換されてしまう場合があります。

瘢痕組織に置換された組織は元通りに再生しなくなる為、アキレス腱炎は我慢すべきではない障害といえます。
アキレス腱炎の予防アキレス腱炎を予防するには、運動前のストレッチと運動後のアイシングで炎症を防ぐことが効果的です。

ふくらはぎのひらめ筋を伸ばすストレッチは、アキレス腱の負担を軽減する効果があり、アキレス腱のスポーツ障害を予防する為には欠かせないものと言えます。

運動後のアイシングは炎症を防ぐ為には欠かせないものなので、忘れないようにしましょう。
アキレス腱炎の治療アキレス腱炎の治療に当たっては、運動を休み幹部を安静にしておくことが重要です。

痛みを抑えるための消炎鎮痛剤の投与や患部のアイシングを続け、痛みが引いたら温熱療法で血行を促進していくのが基本的な治療法です。

治療開始から1~2週間ほどで症状は好転します。

完治後は、練習メニューの見直しなどの再発予防策を講じて行くことが大事です。

なかなか治らないアキレス腱炎にお悩みの方は、ぜひ1度ご相談ください!

http://physical-care.e-chiryo.jp/

腕から手にかけてのしびれ

こんにちは!

ご覧いただきありがとうございます(*^^*)

今日は腕から手にかけてのしびれの症状がでる主な疾患について書いていきたいと思います。

 

★椎間板ヘルニア(椎間板障害) 
状態

首の背骨と背骨の間にあるクッションのようなもの盛り上がったり、さらに線維が切れ、中のゼリーのようなものが飛び出るような状態です。

しびれが出ている場合は、その盛り上がりやゼリーのようなものが神経を圧迫しています。

症状

通常、首の痛みに加え、腕に強い痺れが出て、首を反らしたときに、痺れが強くなる傾向にあります。

また、夕方やよりも、朝(睡眠後)に症状が強く出てくる事も多いです。

整形外科では、【痺れがなくても】椎間板ヘルニアと言われるケースがほとんどです。

ただし、文献によると腰痛のない人の5人に1人は、椎間板ヘルニアと言われるような状態であるようです。

原因・首を上下に振る(うなずくような動作)を長期間繰り返す椎間板に負担が掛かることを繰り返すと生じやすくなります。

対応

痺れが【ない】椎間板ヘルニアに関しては、代替療法で効果的な治療が望めます。

治療法も変わりません。

痺れが【ある】椎間板ヘルニアに関しては、靴擦れのように神経や周囲の筋肉などにぶつかって、炎症が起きていますので、時間が掛かるケースがほとんどです(数ヶ月単位)。

整形外科では、通常牽引と、神経の循環を良くする薬(ビタミン剤)、痛み止めがほとんどです。

最近では、ブロック注射を用いるところもあります。

ブロック注射がとても良く効く場合もありますので、試してみるのも良いかもしれません。
さらにひどくなると手術も治療法の一つになってきます。


★変形性頚椎症 
状態

首の背骨が変形し、神経が出てくる穴が狭くなったために、手や腕にしびれが出てくる状態です。

症状

手や腕に【電気が走るような鋭い】痺れが出てきます。

特に首を反らした時にしびれが強く出てきますので、・男性の場合はひげ剃り、・女性の場合は、高いところにあるものを取るときなどに、見上げた際に感じるようになります。

神経に沿ってのしびれで、神経を圧迫しているために、感覚の左右差や、服のボタンを上手く閉じれられないなど、細かい運動が行いにくくなります。

原因

不良姿勢による長時間の首への負担首を鳴らすクセ交通事故による首の不安定感で、首の骨が変形し、症状が出てきます。変形には長期間かかるため、40歳代以降に症状が出てきます。

施術の目的は、背中や身体のバランスを整え、首にかかる負担を減らし、変形し狭くなった穴を広げやすくするのが目的です。

整形外科では、「老化による変形なので、上手く付き合っていくしかない」と言われ、ビタミンB群などで神経の回復を狙いますが、積極的な方法はありません。


★椎間関節症候群 
状態

首の背骨と背骨の間にある関節に問題があり、そこが原因で、首に痛みが出てくる状態です。

時折、手や腕に痺れを感じます。

症状

通常、同一姿勢を続けた後あるいはその最中の首の鈍い痛み、あるいは、首を動かしたときなどのズキっとした痛みを感じます。

時折、手や腕に【鈍い】痺れが出てきます。

一般に、神経に沿ってのしびれですが、神経を圧迫していないために、よく調べてみると感覚の左右差などがあまりありません。

原因

長時間の不良姿勢や運転による首への負担などが原因で、関節が硬くなったり、働かなくなることによって起こる。

対応

関節の動きの悪さや硬さに積極的にアプローチして治療します。

その他の療法に比べ、短期間で改善が期待できます。

整形外科での首全体の牽引で改善が見られるのは、椎間関節症候群が多いように思います。


★胸郭出口症候群 
状態

首の横から胸前に掛けて、数カ所狭くなりやすい場所があり、それらの場所で圧迫が起き、手にしびれが出てくる状態です。

症状

通常、手の小指側に鈍いしびれ(正座の後の足のしびれのような感じ)が出てきます。

原因不良姿勢や重いバッグを持つetc.で、負担が掛かり、筋肉と筋肉、筋肉と骨、骨と骨の間で、首から出てくる神経が圧迫されて、神経自体の循環が悪くなります。

対応筋肉と筋肉の間で神経が圧迫されて出てきた痺れに関しては、鍼灸が最も効果的です。

骨と筋肉や、骨と骨の間の場合は、カイロプラクティックなども効果的に働きます。

整形外科では、安静と、神経の循環を良くする薬(ビタミン剤)、痛み止めがほとんどです(場合によりブロック注射)。

不良姿勢やその他が原因で、神経を圧迫する筋肉の強い緊張が出て、症状が出てきます。


★手根管症候群 
状態

手首で骨と靱帯の強い緊張が原因で、神経が圧迫され、その結果、しびれなどが出てきます。

症状

主に指先に痺れが出てきます。

この時、小指と薬指の外側半分にしびれは見られません。

原因

手首をよく使う方によく見られます。

とくに手首を曲げ伸ばしの動作を繰り返すと、負担が増えるため、出産直後のお母さんによく見られます。

対応上記の円回内筋症候群と異なり、筋肉のマッサージや鍼があまり効果が出てこない可能性があります。

また、円回内筋症候群と混同しやすいために、正確な対処がされないことも多く見られます。

もちろん、日常生活を含む、全体的なクセのコントロールを行うことが重要です。


★円回内筋症候群 
状態

肘より少し手首側の筋肉の緊張が原因で、神経が圧迫され、その結果、しびれなどが出てきます。

症状

手首より下のしびれが出てきます。

手のひらや指先にしびれがでてきます。

この時、小指と薬指の外側半分にしびれは見られません。

原因

手首をよく使う方によく見られます。

とくに手首を返すような職業で、料理人によく見られます。

その他、長時間、ハンドバッグを肘に掛けても、一時的な症状が出てきます。

対応

筋肉のマッサージや鍼が効果的です。

ただし、日常生活を含む、全体的なクセのコントロールを行うことが重要です。


★肘部管症候群 
状態

肘の内側の筋肉の下に神経が入る場所で、圧迫された状態です。

症状

手の小指と薬指の外側半分にしびれを感じます。

その他、親指の動きが上手くできなかったりもします。

原因

手首を曲げる動作を繰り返したために、筋肉が緊張するため、症状が出てきます。

出産直後で、赤ちゃんを抱っこし続けるなど、23歳以下のお子さんがいる家庭のご両親でもよく見られます。

また、手首を曲げるという点で、料理人でも良くみられます。

対応筋肉のマッサージや鍼が効果的です。


★ギオン管症候群 
状態

手首より先で、骨と骨の間で、神経が圧迫された状態です。

症状

手の小指と薬指の外側半分にしびれを感じます。

その他、親指の動きが上手くできなかったりもします。

原因

手首を曲げる動作を繰り返したために、手首が不安定になり、症状が出てきます。

出産直後で、赤ちゃんを抱っこし続けるなど、23歳以下のお子さんがいる家庭のご両親でもよく見られます。

また、手首を曲げるという点で、料理人でも良くみられます。

さらに、転倒時、地面に手首を着いてからおかしいなど、手首付近の怪我でも出てきます。

 

★その他の手のしびれの原因 
その他【代替療法で対応できる】

・筋皮神経症候群 前腕の外側だけが痺れる

・橈骨神経前枝症候群親指の付け根で、手背付近が痺れる

・ハネムーン症候群手首が反らせない

・指神経症候群指の最も尖端の関節より更に末端で、指先を前から見たときに、1/4だけ痺れる

・単純な筋疲労
【代替療法で対応できない】

糖尿病(鍼灸は可能)動脈閉塞など様々な原因があります。

なかなか治らない腕のしびれをお持ちの方はぜひ1度ご相談ください!

http://physical-care.e-chiryo.jp/

ベーチェット病について


 

ベーチェット病について

強皮症の治療前|強皮症の治療結果 治療前
強皮症の治療後|強皮症の治療結果 治療後:

ベーチェット病は従来、男性に多いといわれていましたが、最近の調査では発症にはほとんど性差はないようです。ただ、症状に関しては、男性の方が重症化しやすく、内蔵病変、特に神経病変や血管病変をつくりやすい傾向にあります。眼病変も男性に多く、特に若年発症の場合は、重症化し失明に至る例もみられます。ベーチェット病の発病年齢は、男女とも20-40歳に多く、30歳前半にピークを示します。
ベーチェット病は日本人に多くみられる原因不明のぶどう膜炎を引き起こす病気です。20代から50代の人の両目に発病し、徐々に悪化し、長い経過の後に失明することもある病気です。ベーチェヅト病は男性ではかなり重症な人が多いといわれています。ベーチェット病は日本を最多発国とし、韓国、中国、中近東、地中海沿岸諸国によくみられます。このためsilk road diseaseともいわれます。日本では北海道、東北に多いです。現在約18,000人の報告があります


 

 

 

 

 

膠原病を悪化させやすい生活習慣

  • 口呼吸の習慣がある
  • 体を冷やしたり、口腔を冷やす冷たいものを食べたり飲んだりする
  • 睡眠時間が短い
  • 生活が不規則(ストレス感が蓄積しやすい生活)
  • 黄砂を無防備に吸入している

膠原病の針治療

 膠原病は原因不明で完治が難しいとされていますが、針治療で調整すると、免疫の反応が沈静化してきます。西洋医学では、免疫反応の炎症コントロールに終始しているため、難病になっています。免疫の調整能力の向上に集中して治療に取り組める鍼灸師と出会い、炎症を起こしている細胞が健康になるように環境を調整していけば、良くなる可能性がある病気なのに残念です。
 免疫病である膠原病は、本質をシンプルに考えた方が、治療しやすくなります。
 ミトコンドリアにエネルギーを供給してもらって、細胞内共生をしている健康な細胞であれば、本来、免疫に攻撃されることは無いのです。
 ミトコンドリアと違う細菌などに寄生され細胞内共生を強いられている細胞が、何らかの形で、体をリストラする気運が高まった時に、免疫に攻撃されることになります。
 免疫病を細胞内感染と考え、味方のミトコンドリアが活動しやすい環境に治療していけば良い訳です。
 膠原病は、文字通り、弱った自分を攻撃する状態で、真面目な方が自分の体を犠牲にしてしまう状態の時に発病することが多いようです。精神的なプレッシャー、言葉の暴力、肉体的な過労や眼の酷使、呼吸器系に負担のかかる環境も良くありません。
 病名と治りやすさが一致しないのが膠原病の特徴で、個人によって治る過程や必要とする治療回数の違いが大きいのが実情です。

膠原病の鍼治療

 膠原病は原因不明で完治が難しいとされていますが、鍼治療で調整すると、免疫の反応が沈静化してきます。西洋医学では、免疫反応の炎症コントロールに終始しているため、難病になっています。免疫の調整能力の向上に集中して治療に取り組める鍼灸師と出会い、炎症を起こしている細胞が健康になるように環境を調整していけば、良くなる可能性がある病気です。
 免疫病である膠原病は、本質をシンプルに考えた方が、治療しやすくなります。
 ミトコンドリアにエネルギーを供給してもらって、細胞内共生をしている健康な細胞であれば、本来、免疫に攻撃されることは無いのです。
 ミトコンドリアと違う細菌などに寄生され細胞内共生を強いられている細胞が、何らかの形で、体をリストラする気運が高まった時に、免疫に攻撃されることになります。
 免疫病を細胞内感染と考え、味方のミトコンドリアが活動しやすい環境に治療していけば良い訳です。
 膠原病は、文字通り、弱った自分を攻撃する状態で、真面目な方が自分の体を犠牲にしてしまう状態の時に発病することが多いようです。精神的なプレッシャー、言葉の暴力、肉体的な過労や眼の酷使、呼吸器系に負担のかかる環境も良くありません。
 病名と治りやすさが一致しないのが膠原病の特徴で、個人によって治る過程や必要とする治療回数の違いが大きいのが実情です。
もしお体のことでお悩みであればご相談ください。

当院URL⇒http://physical-care.e-chiryo.jp/

ぎっくり腰の鍼灸治療について

こんにちは!

本日はぎっくり腰の鍼灸治療について書いていきたいと思います。

ぎっくり腰への鍼灸・針治療の内容と効果

ぎっくり腰の原因と症状

堪えられないほどの激しい痛みに襲われるぎっくり腰ですが、これは急性の腰痛です。

重い物を持ち上げた瞬間に起こるとイメージする人も多いと思いますが、実際はあまり多くなく、むしろズボンや靴下を履いたり脱いだりするとき、椅子に腰掛けるときや立ち上がるとき、顔を洗っているとき、振向いたときなど、日常的な動作の中に、その危険性は潜んでいます。

原因

ぎっくり腰を起こすハッキリとした原因は、よく分かってはいませんが、最近有力とされている説は、椎骨(背骨)の椎間板が傷ついたり変形したりすることで、その周辺の筋肉が刺激され、緊張状態となった筋肉が、痛みを発生する物質を放出するのではないか、というものです。

したがって痛み自体の原因は、背骨まわりの筋肉が異常に緊張して炎症を起こす「筋膜症」によると考えられます。

症状

突然の激しい痛みで、腰を伸ばすことも曲げることもできず、寝たままで動けなくなることもあります。さらに高齢者では、ぎっくり腰が寝たきりになるきっかけとなることもあります。

ちなみにぎっくり腰と言えば、急に腰に負担がかかったため起きるというイメージですが、実はぎっくり腰が起きる前から、腰には重度の疲れが溜まっていて、ちょっとした動きで疲れの限界を超え、ぎっくり腰になるのです。

ぎっくり腰による症状をまとめると、

  • 腰に、ギクッというような違和感や、ピリッといった違和感を感じ、痛みがだんだんと増していく。
  • 腰まわりの筋肉が硬くなり、緊張が強くなるため、腰の痛みが強くなる。
  • 圧迫されるようなズキンとした重い痛みで、動くと激しい痛みに襲われ動けなくなってしまう。
  • 腰だけではなく肩や脚へと、時間とともに痛みが広がり、筋肉が緊張状態となるため、全身こわばったようになる。

このような症状が出てきたら、ぎっくり腰だと思って間違いないでしょう。

治療法と効果

ぎっくり腰の治療では、傷めている部位をしっかりと把握し、その部位や症状に合った治療法を選択することが大切になってきます。また、治療は発症後早い方が良いでしょう。

治療法

針治療の際、痛みを取るためには腰周辺の硬直した筋肉をほぐし、強い緊張状態を緩和することが大切なポイントとなります。

腰周辺の硬くなった筋肉をゆるめるためには、痛みの強い腰やお尻の筋肉に直接針を刺入することも重要ですが、脚の筋肉も緊張度がかなり増しているので、緊張しているポイントをしっかり見つけ、脚にも刺入することで、痛みが緩和され、症状の改善に大いに役立ちます。

治療の効果

初回の治療で痛みは軽くなりますが、腰に重い感じの違和感は何となく感じます。1回の治療だけでは筋肉は十分に回復していません。ですから、2〜3日後には2回目の治療を行いましょう。2回目の治療で筋肉をよりよい状態にし、さらに1週間後に3回目の治療を行います。

辛い症状が起こるぎっくり腰ですが、針治療は痛みを緩和するのに効果的な治療法です。早めの治療をオススメします。

ぎっくり腰でお悩みの方は是非ご相談ください。

http://physical-care.e-chiryo.jp/

 

2015 kobo Trail 〜弘法大師の道〜 完走ブログ

2015-05-23-15-18-08_deco.jpg

5月23日24日は奈良県吉野町へ!koboトレイルに参加しました。

koboトレイルは、若き日の弘法大師空海が吉野山から南へ1日、さらに西へ2日歩いて高野山へ至ったとされる、弘法大師の道をランニングで走るという大会です。

2015-05-23-20-31-11_deco.jpg

受付終了した後、正道会館のてっちゃんがまさかの、差し入れ持って登場!?( ゚Д゚)

遠いところわざわざ来てくれた気持ちが、とってもありがたいです(*'▽')

2015-05-23-20-30-32_deco.jpg2015-05-23-20-29-35_deco.jpg

翌日のレースに向けての前夜祭!

皆さん初めてお会いした方ばかりですが、同じ趣味を持つ仲間なのですぐに打ち解けました(●´ω`●)

健闘を祈って乾杯です!!

美味しい料理と、ビールでの給水も忘れなく(笑)

20150524_053153.jpg

私たちは、さこや旅館さんに泊めていただきました、とても歴史と風情ある旅館で女将さんのトークが最高でした(笑)

出発前に女将さんが記念撮影してくださいました!

2015-05-24-21-06-25_deco.jpg

朝6時、金峯山寺にて蔵王権現様に道中の無事をお願いしていよいよスタート!

2015-05-24-21-07-23_deco.jpg

修業門を抜けて、いざトレイルへ!

法螺貝の音に気持ちもたかぶります!(`・ω・´)

2015-05-24-21-07-51_deco.jpg

トレイルに入って間もなくキツイ登り…

2015-05-24-21-08-10_deco.jpg

さらに壁のような登り…

2015-05-24-21-11-44_deco.jpg

まだまだ登り…

2015-05-24-21-08-55_deco.jpg

道しるべや、マーキングはたくさんあるので、道に迷う心配はなしです!

20150524_083953.jpg

コース上最高地点の大天井ヶ岳で記念撮影!

この時点ではまだ余裕があります!(笑)

2015-05-24-21-09-33_deco.jpg2015-05-24-21-11-01_deco.jpg

コースは強烈なキツさですが、最高の眺めと凛とした空気に、頑張ろう!という気にさせられます!( ・`д・´)

2015-05-24-21-12-35_deco.jpg

だんだん疲労がみえてきた私は、女性ランナーに軽々パスされます…

しかし女性ってキツイ環境に強いですよね…(-_-)

20150524_191129(0).jpg

長時間苦しんだ末に山を抜けて、いよいよ高野山・金剛峰寺が近づいてきました。

足は痛いが最後の力をふりしぼります!(*´Д`)

2015-05-24-21-13-52_deco.jpg

フィニッシュは、お大師さんに道中の無事のお礼と、只今到着いたしましたと報告をすませゴールです。!(^^)!

2015-05-24-20-29-45_deco.jpg2015-05-24-20-29-14_deco (1).jpg2015-05-24-21-04-26_deco (1).jpg

ゴール後、レースディレクターの横山さんに白衣にサインしていただき、記念撮影!

お疲れ様!と声をかけていただきました(*^^*)

コースは類を見ないほど強烈ですが、達成感もそれだけ強烈です!

神聖な空気感を感じながら走れる素晴らしいコースです!

大会を企画・運営してくださったスタッフの方々ありがとうございました!

また来年も参加したいと思います!(^^)!

 

 

トレイルランナーのケガの治療

低酸素高地トレーニング

酸素ルームで素早くリカバリー

などに興味もある方はぜひ1度お越しください!

http://physical-care.e-chiryo.jp/

 

走りの姿勢

こんにちは。
今回はランニングの姿勢について書いていきたいと思います。

 

姿勢を考えて走るだけで、いつものランが見違える!

既に耳慣れた「体幹で走る」という言葉。が、その肝こそはアライメントにありです。いざ、検証。

 

 

S字ラインを保ったまま着地すると最大の反力が得られる。

 

「ランニングを掘り下げてみると、スタート地点からゴールまで自分の体重を重力と上手に付き合いながら運ぶスポーツと捉えることができます。そこには当然、運搬のためのパワーが必要なのですが、多くの市民ランナーはそれを筋肉に大きく依存しているのでカラダに大きな負荷がかかってしまっている。筋肉だけではなく骨もしっかり使って走ることでケガのデメリットも減りますし、いいフォームで走ることができればその分タイムも縮まります」全身の骨をうまく使って走るとなると、アライメントが より重要になってくるのだ。
「まずはまっすぐ立ったときに背骨がS字ラインを描き、骨盤がやや前傾気味であること。この状態を保ったまま走れば、S字ラインを支えている体幹の筋肉群に着地時の衝撃が骨盤経由で伝わり、体幹が強ければ強いほど効率的に推進力に変えることができます。
つまりボールが勢いよく弾むように走ることができ、地面からより多くのパワーを得られるというメリットがあるのです」正しいフォームを作り出すうえで、背骨のS字ラインと骨盤、そして体幹は切っても切り離せない大事な要素なのである。

 

 

 

 

 

骨に支えられて走ることで 余計な筋肉の負担が減る

 

 

ランニングは 背骨のS字ラインと体幹の筋肉、骨盤をうまく使って走るのがポイントですが、これらを意識せずに走った場合、カラダにはどんな 影響が起こるのだろうか。「着地の衝撃を全身で受け止められ ないとすると、カラダのどこかに必ず負荷がかかってきます。もっとも考えられるケースが足先やふくらはぎ、太腿の筋肉で、下半身だけで
蹴る→飛び跳ねる→落ちる
という動作を繰り返すとこれらの筋肉に過度に負荷がかかるため筋疲労が起こり、脚の痛みにつながります」 仮に走り始めは背骨のS字ラインと体幹、骨盤を使った走り方ができていても、レース後半で疲れてくると骨盤が大きく後傾したり前傾したりして軸でカラダを支えられなくなる。すると結果的に脚に負担がかかり、ペースが落ちてしまう。「骨盤が後傾する猫背型の傾向がある人は大臀筋や中臀筋、ハムストリングスなどカラダの後ろの筋肉を、逆に前傾してのけ反り型の人は腹筋や腸腰筋を鍛えるといいでしょう」

 

 

 

 

 

 

S字ラインがキープできると腕振りでパワーを生み出せる。

 

 

S字ラインをキープするメリットはまだまだある。3つ目はS字と腕の振りとの深い関係だ。「多くの方がランニング中に腕を振 ることを前後運動だと認識していると思うのですが、腕振りは実は円運動なんです。これは腕を振るときの肩甲骨の動きからも一目瞭然なのですが、肩甲骨を背骨側に寄せるように内側に引くと腕をより大きく引くことができます。ここから腕を振り出すと、遠心力の働きによって腕がより大きく動かされるというわけです

 

肩甲骨というカラダの中心部の作用によって腕が大きく動き、その力が骨盤にも伝わることでさらなる推進力が生まれる。これはデンデン太鼓と同じ原理である。当然、肩甲骨を引き寄せる側の背骨のアライメントが整っていれば、遠心力はさらに大きくなって前へ前へと進めるようになるのだ。タイムを縮めたいなら、この仕組みを利用しない手はないだろう。「ポイントは腕だけを振るのではなく、肩甲骨を背骨側に強く、鋭く引くこと。この動作に慣れれば、ランニング中以前より楽に前に進めるようになるはず。肩を意識するあまり力が入らないよう注意して、リラックスして腕振りを行いましょう」

 

 

 

 

 

 

上半身の力が骨盤に伝わり、脚が楽に動かせるように。

 

 

腕振りを起点に起こる上半身の回旋動作。これによって作られた力は背骨を経由して骨盤に伝わるが、このことはもう一つ大きなメリットを生みます。「上半身から骨盤にパワーが伝わると、骨盤は大きくクランク運動を起 こします。すると骨盤を付け根とする両脚にも連鎖反応が起こり、自然に前に出るようになる。脚に力を入れなくても前へ進めるということは、その分カラダにパワーを溜め込んでおけるわけですから、より長時間走り続けることも可能になるのです」

 

肩甲骨と腕の動きから生まれたパワーが、ひいては脚の動きにも好影響を与えることがおわかりいただけたであろうか。こうして見るとランニングはまぎれもなく全身運動であり、そのカギとなるのが背骨のS字によるクランクなのである。「自分の体重をゴールまで効率よく運び、そのためのエネルギーを溜め込んでおくためにも、骨をうまく使った走りをマスターしましょう!」 


当院URL⇒http://physical-care.e-chiryo.jp/
 

当院へのアクセス

 

大きな地図で見る

針中野フィジカルケア鍼灸整骨院

住所〒546-0013
大阪府大阪市東住吉区湯里1-14-4
TEL06-6702-7004
受付時間月〜金 10:00〜21:00
土   10:00〜19:00
オンラインショップhttps://physical.theshop.jp/
院長郷田 博基
針中野フィジカルケア鍼灸整骨院
Facebookもチェック
アスリート・スポーツ選手に人気の即効性と根本治療:針中野フィジカル鍼灸整骨院

PAGE TOP