トレーナー活動〜園田学園バドミントン部

こんにちは晴れ

暑くなりましたねあせあせ(飛び散る汗)

昨日は兵庫の園田学園高等学校バドミントン部のケア&体組成測定をしてきましたexclamation

全国大会常連の強豪校です雷

2014-05-28-20-47-45_deco.jpg2014-05-28-20-48-09_deco.jpg2014-05-28-17-18-14_deco.jpg

明日から県大会です手(グー)

大活躍を期待しますexclamation×2exclamation×2

足首の捻挫とRICE処置

皆さんこんにちは晴れ
暑くなってきました、これからレジャーなど外に出たり活動時間が増えるようになります。
その際に不慮の事故で足首を捻ってしまうなどといった急性のケガも増えてしまうのが現状です。
今日はその捻挫(靭帯損傷)といわれるものについて書いていきたいと思います手(グー)

 

紫斑を伴う足関節捻挫
ICD-10 T14.3
ICD-9 848.9
MeSH D013180
プロジェクト:病気Portal:医学と医療
テンプレートを表示

捻挫(ねんざ)、または挫き(くじき)は、関節に関節の許容範囲を超えた動きが与えられた為におきる損傷の一つである。多くは患部に痛みと腫脹、熱感を伴う。一般用語として多用されるが、医学用語としては更に損傷部位を限局し、○○靭帯損傷ということが多い。(例:右膝前十時靭帯損傷←膝の捻挫、右母指MP関節内側側服靭帯損傷←親指の第2関節の捻挫)

 

捻挫の応急処置は「RICE」を実施しよう!(捻挫後〜2,3日まで)

  1. R=REST(安静)
  2. 痛み部位を動かさず、テーピングや包帯等で固定します。
    足首はテーピングで固定し衝撃を与えないようにしましょう。
    腕では三角旗やタオル等で吊ります。

  3. I=ICE(冷やす)
  4. 氷や冷水、冷感シップなどで患部を冷やします。
    炎症を抑え痛みを緩和します。タオル等でくるんだりして温度を調節してください。
    15〜20分が目安で、これ以上続けて冷やすとしもやけになる可能性があります。

  5. C=COMPRESSION(圧迫)
  6. 腫れの原因となる内出血を止めるために、患部を包帯などで軽く圧迫し、血流を止めて腫れを抑えます。

  7. E=ELEVATION(挙上)

腫れや内出血、うっ血などを防ぐために、患部を心臓より高い位置に挙げておきます。
その日1日は、患部を心臓より高い位置にしておくと良いでしょう。

※この時に忘れやすいのがCOMPRESSION(圧迫)の部分です!
捻挫した時に安静、冷やす、挙上はたいていの方がされますが圧迫をかけられる方はあまりいません。
損傷したところではすぐさま内出血や組織損傷による腫れが出てきます。冷やすことでも効果が得られますが即効性がなく腫れが大きくなった状態が先に出来上がってしまいます。
知識のない力任せの固定は厳禁ですが、先に軽い圧を加えた状態で安静、冷やす、挙上といった処置をすることで完治までの期間を短くすることが出来ます。

終わりに
足関節捻挫はスポーツ現場では頻繁に発生する代表的な急性外傷であり、リハビリテーションや応急処置として扱う機会の多い疾患となります。しかし、足関節捻挫は前十字靭帯損傷や腱板損傷のように選手生命を直接的に脅かす外傷ではないため、軽視される傾向にあります。そのため、再発率も非常に高くなっており、「捻挫は癖になる」とまで言われております。実際に球技の選手では捻挫経験がない人の方が少なく、それも繰り返し受傷しているケースがほとんどです。また、その中でも未だに違和感や痛みがとれないと感じている選手が大勢いるようです。適切な処置とその後のケアを軽視してしまい、結果的には大きく選手のパフォーマンスを低下させてしまう足関節捻挫です。
なので急性期でのRICE処置とその後のアフターケアが重要です。
当院ではアスリートの方が多く来院され捻挫に対する経験値も豊富です。一概に足首の捻挫といってもその機序は複雑で一人一人違ったものが多いです、なので個々にお話を聞き実際に検査をしその方に合した治療を行っています。
もし捻挫やスポーツ外傷といったところで悩まれている方がいるならぜひ一度ご連絡ください。

ハムストリングス肉離れ

こんにちはexclamation

昨日はなでしこがアジアカップ優勝しましたねサッカーぴかぴか(新しい)

サッカーつながりで今日はサッカー選手に多い肉離れについて書きたいと思いますペン

もちろんサッカーだけでなくいろんなスポーツで起こりうるケガなので、皆さん必見です目

 

肉離れを多く発症する部位のひとつに、「ハムストリングス」という筋肉群があげられます。

ハムストリングスとは太ももの後面にある筋肉群の総称です。

ですから一般的に「筋肉名」と誤解されがちですが単体の筋肉ではありません。

このハムストリングスを構成する筋肉群は

・大腿二頭筋(だいたいにとうきん)
・半膜様筋(はんまくようきん)
・半腱様筋(はんけんようきん)

の3つの筋肉です。 


ハムストリングスが肉離れを発症しやすい原因としては、

・柔軟性の不足
・筋力の低下
・拮抗筋とのバランスの悪さ

の3点が主な原因です。

ハムストリングスの肉離れの中でも一番の原因として考えられる要素は

3番目の「拮抗筋」とのバランスによる原因です。

太ももの筋肉は人体の中でも非常にがっしりとした筋肉ですが、大半の方が

「太もも前面の筋肉に対し後面の筋肉が弱い」

というアンバランスな発達状況にあります。

太もも前面に対して後面は60%の筋力が必要とされていますが、それ以下の人も多くいます。

その為、太ももの筋収縮を急激に行うと、弱い後面のハムストリングスに肉離れを発症するのです。

 

筋肉は身体の前面と後面の両方にあり、基本的にはどちらかが縮むときは、

もう一方は緩むようにできています。

 太ももで言えば、ボールを蹴る時に大腿四頭筋(太もも前面)が使われて、

ハムストリングス(太もも裏)が緩みます。

こうすることでお互いが引っ張り合うことなく、スムーズに動けるようになります。

 

ところが、

■疲労の蓄積
■筋肉の拘縮(こわばり)

などが原因で力のスイッチが、うまくいかないことがあります。

こうなると前と裏の筋肉で引っ張りあってしまい、出力の弱いハムストリングスが切れてしまうのです。

 

一般的には「肉離れは冷やして安静にする」といわれ、アイシングやシップ、

そして安静を勧められるだけで特にこれと言った治療は行なわれません。

しかし、言われた通りに休んでいてもなかなか痛みが落ちなかったり、

力が入りづらい、治ったとしても動かしづらさ、筋肉のハリ、痛みが残ることがあります。

また、練習に復帰後に少しの運動で再び、肉離れを起こしてしまう。

そんなケースも少なくは、ありません。

これらが起きるのは、肉離れを治す過程で筋肉の柔軟性を失う治療をおこなっているためです。

 

当分、使っていなかった輪ゴムなどを使った時、

「ぷちん」と簡単に切れてしまった経験は一回はあるのではないでしょうか?

あれは、使っていなかった間にゴム本来の柔軟性がなくなってしまったため、

伸ばされる負荷に耐えることが出来なくなり、ぷちんと切れてしまったのです。

これと同じで、筋肉も使っていないと柔軟性がなくなり、ぷちんと切れやすくなります。

また、普段から筋肉を使っている人は逆に筋肉に疲労がたまりパンパンの状態になっていると想像してください

パンパンに引き伸ばされた状態でさらに負荷をかけると切れてしまうのは言うまでもありません。

このように、肉離れを起こしてしまう方は、共通して「筋肉の柔軟性がなくなっている」のです。

そのため、上記で説明してようにアイシング、シップなどで安静にして治療した結果、

筋肉の柔軟性がないため復帰後、すぐに肉離れを起こしたり、動かしづらさが残ってしまうのです。

  

当院では特殊な電気治療器を使って筋肉を刺激し、筋肉の柔軟性を保ちつつ治療していきます。

さらにこの機械は筋トレの効果もあるので、筋肉を緩めながら鍛えられ一石二鳥です。

弱い筋肉を鍛え、筋力のバランスを整えることで肉離れの予防・再発防止につながります。

 

肉離れにお悩みの方は、1度ご相談くださいひらめき

最後までお読み頂き、ありがとうございましたわーい(嬉しい顔)

 

大阪市東住吉区湯里1-14-4

06-6702-7004

 

土日祝日も診療、アスリート専門

針中野フィジカルケア鍼灸整骨院

ランナーに多い腸脛靭帯炎について

 

膝の痛みを引き起こす可能性のある病気の一つに「腸脛靭帯炎(ちょうけいじんたいえん)」があります。


腸脛靭帯炎が疑われる症状

膝の痛みや、それに関連する症状として、以下のような特徴が見られる場合は腸脛靭帯炎が発症している可能性があります

  • 膝の外側に痛みを感じる
    →走っている時や走り終えた時、指で押した時など

 

初期は膝の外側が緊張して硬くなったり、違和感や痛みを感じます。ランニング後などに痛みが現れ、休むと治まります。
症状が進行してくると、痛みは徐々に強くなり、なかなか治まらなって慢性化しますふらふら

重症化すると痛みで膝の曲げ伸ばしの痛みが強くなり、膝を伸ばしたまま歩くといった状態になります。

痛みが発生するのは、膝を曲げた状態から伸ばした時です。ランニングなら地面を蹴った瞬間になります。

 

腸脛靭帯(ちょうけいじんたい)について
大腿広筋膜とも呼ばれ、太ももの外側をおおっている長い靭帯。大転子という脚のつけ根の骨から、太ももの外側をとおり、脛骨(膝下の骨)にまでつながっている。膝の外側の安定を保つ役割を果たす。
解剖図:腸脛靭帯の位置

腸脛靭帯炎は、別名「腸脛靭帯摩擦症候群」や「ランナー膝」、「ランナーズニー」とも呼ばれ、腸脛靭帯に炎症が起きている状態です。ランナーズニーはランニングによる膝の関節周辺の障害全般の総称としても使われます。

腸脛靭帯は、大腿骨(太ももの骨)の外側に位置し、膝を伸ばした時は大腿骨の前方に、曲げた時は後方に移動します。この移動の際に、大腿骨外顆という骨の外側のでっぱり部分にぶつかったりこすれたりします。膝の曲げ伸ばしをするたびにこすれて摩擦が生じるため、その回数が増えると炎症が発生します。
炎症は脛骨部分で発生することが多いですが、まれに股関節のあたりの大転子部分にも起こります。

また、登山や階段の上り下りにおいて、特に下りの動作で負担が大きくなり、腸脛靭帯炎が発症しやすくなります。痛みが見られやすいのも上りよりも下りの時です。

図解:炎症が起こるメカニズム画像:膝関節の各部名称

【腸脛靭帯炎を発症しやすい人】
腸脛靭帯炎は陸上競技の長距離選手に多く見られるスポーツ障害です。近年のランニングブームで市民ランナーが症状を訴えるケースが多くなっています。
特に、O脚(内反膝)の人や、走行フォームで足の外側で体重を受けるクセのある人、膝関節の変形が進んで膝が不安定になっている人など、体重による負荷が身体の外側にかかるケースで発生しやすくなります。かかとの外側がすり減ったシューズを履いていたり、斜めに傾いた道路や雨でぬかるんだ道を走ったりするのも良くありません。
また、硬い路面や下り坂の走行、硬いシューズの使用も、負担を増す要因となります。

【腸脛靭帯炎が発症しやすいスポーツ】
バスケットボール、陸上競技、自転車、水泳、トライアスロン、登山、スキー、エアロビクスなど

腸脛靭帯炎の診断・治療・予防

【診断】
基本的に問診や触診で症状を確認して診断します。
よく行われるのが徒手検査法という診断法です。膝を90度曲げた状態で大腿骨外顆膝(膝のすぐ上の外側出っ張り部分)を指で押しながら膝を伸ばします。この時に痛みが発生すると腸脛靭帯炎の可能性が高いです。

【治療】
膝を使う運動を中止し、安静を保つことが基本です。
症状が軽度であれば、しばらく休養することで痛みは解消します。痛みが強い場合は、炎症を抑えるために患部を冷やすアイシングを行ったり、腸脛靭帯を伸ばすストレッチなど運動療法を行うと回復を早めることができます。
当院で行う治療は、まずフットプリンターにより足の状態(アーチや指)を確認し、テーピングにより足のバランスを正しい状態に矯正します。

そして深部のインナーマッスルまで通電できる特殊な電気治療器により、痛みを起こしている筋肉の浅層から深層までしっかりリリースをかけていきます。

痛みの程度によって個人差はありますが、1度の治療でかなりの痛みの軽減が見られます。

週1〜2回ほどの通院でほとんどのケースで治癒しますわーい(嬉しい顔)

 

【予防法】
腸脛靭帯炎が起きる主要因は、膝の使いすぎ(オーバーユース)と柔軟性不足(ウォームアップ不足)です。
自分の筋力・体力に見合った運動・トレーニングを行い、度を超えた長時間・長距離のランニング、同じ練習メニューの繰り返しなど、膝を酷使する過剰な運動は避け、疲労が溜まったら十分な休養を取ります。
運動前のウォームアップと、運動後のクールダウンはしっかりと行い、普段から筋力トレーニングと柔軟体操を習慣的におこなって、大腿四頭筋や大腿二頭筋など膝に関係する筋肉の強化とと柔軟性アップを図ることで予防や再発防止に役立ちます。
シューズやランニングコースの見直し、O脚の矯正も効果的ですexclamation×2

腸脛靭帯炎にお悩みの方はぜひ1度ご相談ください電話

低酸素トレーニングとは

こんにちは!
今日は当院で行っている低酸素機器を用いたトレーニングの疑問や効果について書いていきます。
スポーツをされている方だけでなく一般の方にもおススメの効能がございますので必見です!

低酸素トレーニングとは

 高地のような低酸素、低圧の条件下でトレーニングすること。赤血球の数が増えて、酸素の摂取能力と供給能力が増大するので、有酸素エネルギー代謝能の増大効果が得られます。一方、持久性トレーニングには、筋肉の酸素貯蔵体であるミオグロビン量を増やし、筋肉のミトコンドリア数を増やす効果があります。高地で持久性トレーニングをすると、大気環境の効果とトレーニングの相乗効果が得られる。その結果、最大酸素摂取能力が高まり、全身持久力が増大、基礎代謝の上昇や体質の改善にもつながります。



  スポーツの方に期待される効果は、競技種目やトレーニングの目的によって様々なものがあります。最も一般的なのは、マラソン選手などが持久力のアップ を目的として行う場合で、血液の酸素運搬能力の向上や筋肉の酸素消費能力の改善をも たらし、有酸素運動時の持久力を向上させることが報告されている。さらに、低酸素トレーニングを高地トレーニングの直前に実施して高地馴化(高地に適応す ること)を促進したり、怪我などで十分な運動負荷がかけられない際の呼吸循環機能の維持に用いたりとその利用価値は様々な可能性があります。いずれにしても、その競技種目の 特性およびトレーニングの長期計画(期分け)や短期のトレーニング目的に合わせて、適宜かつ的確に取り入れるノウハウが必要となるのは、他のトレーニング 手段と同様で当院ではマラソンだけでなく競技自転車持ち込みでも利用可能な環境とジムワークも可能なスペースもそなえてあります。

また、スポーツ選手だけでなく一般の患者さんにも体質改善、基礎代謝量の上昇、身体に無理をさせないトレーニングとしても活用していただいています。


身体の根本からの治療として
身体にお悩みのある方、不調を感じている方、一度ご興味があればご連絡ください.
 

当院URL⇒http://physical-care.e-chiryo.jp/

スポーツ鍼灸 はりは痛くない

こんにちはるんるん

今日はスポーツ鍼灸についてです晴れ

特に鍼について詳しく書いていきますexclamation×2

 

まず、“はり”というと

「痛そう」「怖い」ふらふら

といったイメージを持たれている方が多いかと思います。
一般的に針と聞いて想像するのは、恐らく注射器の針か裁縫道具の針かと思いますので無理もありません。
皆様の知ってる身の回りの針と言うものは刺さったら痛いものですし、痛いので自分で刺す事もないです。
うっかりミスで刺さってしまう、病院で注射を打たれる、など日常のいい場面で針は刺さらないものですよね。

しかし当院で使用する針は、皆様が日ごろ目にする針よりも非常に細い針になります。
0.16mm〜0.20mm程度と髪の毛程の細さです。
これならあまり痛くも怖くもなさそうですよね。

また、痛みを感じさせないように針先の形も工夫されています。
針の先端が丸みを帯びていて、イメージし易くご説明いたしますと松の葉っぱの先のような形になっています。
この丸みを帯びた針先が抵抗を少なくしスムーズに入る為、痛みを感じさせません。

実際に受けられた方の感想としては

「蚊に刺された時のようだ」「針が刺さってる感覚はあるが本数は分からない」わーい(嬉しい顔)

など、どれも皆さん最初に想像していたような痛さは感じていない声が多いです。
 

当院では上記のような痛くない針を使って、慢性・急性的なスポーツ障害はもちろんのこと、スポーツパフォーマンス向上を目指すアスリートの体をベストな状態へ導くお手伝いをしています。
鍼灸治療によって肉体的、内臓的、精神的ストレスや疲れを取り除くことに加え、生活習慣、食生活などもお伺いし、より完璧なコンディション作りのためのアドバイスをしていきます。

肉体の痛みや内臓の不調があっては、100%のパフォーマンスは実現しません。
鍼灸で全身状態の改善をはかり、100%のパフォーマンスを発揮しましょうexclamation×2

 

もちろん、アスリートだけでなく一般の方も大歓迎ですかわいい

ぜひ1度ご体感下さいひらめき

キャビテーションって何??

imagesCAMZU3UG.jpgキャビテーションというのは、まだあまりなじみのない言葉かもしれませんが、どんな方法かといいますと、今までのエステサロンでメインに行われていた、マッサージなどで脂肪を減らすという方法とは違い、超音波によって脂肪細胞を直接破壊し、体内でエネルギーとして代謝するという、まったく新しい方法です。

 

脂肪吸引手術をせずに脂肪を直接解消

してしまうので、早く確実に効果を出したいという方にはぴったりですわーい(嬉しい顔)

脂肪細胞の数が減るということは、リバウンドをしてしまうという心配もなく痩せられるので、通常のダイエットにはない効果が得られます。

 

また、セルライト対策としても抜群の効果があります。セルライトは、血行が悪くなってしまった部分にできやすいので、痩せている人でも冷え性の方にはよく見られる現象で、いくらダイエットをして痩せてもなかなか解消することができない現象なのですが、キャビテーションなら、セルライトとなってしまった邪魔な脂肪を直接破壊することができるのです。

また当院はキャビテーションだけでなく、オプションでインナーマッスルまで届く特殊な電気治療器による、深部の筋肉の引締めと破壊した脂肪の燃焼も同時に行うことが出来ますので、全く運動習慣のない方にも効果的な脂肪燃焼が行えますexclamation×2

 

今まで自己流のダイエットでは長続きしなかった...

他のエステサロンに通ってもいまいち効果が出なかった...

つらい食事制限なしに、出来るだけ早く痩せたい...

という方にぜひお試しいただきたいダイエット方法となっていますexclamation×2

 

本日は最後までお読みいただきありがとうございましたひらめき

 

 

シンスプリントについて

こんにちはexclamation×2
本日はスポーツ選手(特にマラソンランナー)に多い怪我とされるシンスプリントに着目したいと思います。
シンスプリントとは正式名称「脛骨疲労性骨膜炎(けいこつひろうせいこつまくえん)」と呼ばれる骨膜に炎症を発症することによって痛みを生じる障害の一種です。

 シンスプリントという障害は、発症してしまった場合でも、運動をある程度こなせる点が実はくせものです

練習が出来るので痛くても我慢してしまい悪化・長期化してしまいます

しかし、どれだけ激しい運動をしていてもシンスプリントにならない人もいます。
逆にそれほど運動をしていないにもかかわらず、シンスプリントの症状が出てくる人もいます。

なぜそのような差がでてくるのでしょうか?
原因として考えられること

  • 悪いランニングフォーム
  • 足に合わない、クッション性のないシューズ
  • コンクリートでの走り込みやトレーニング
  • 筋肉の酷使
  • 筋力不足、柔軟性不足
  • 扁平足、回内足
  • オーバートレーニング

 

これらの方々に共通する足の状態として外反母趾や指上げ足(浮き指)で、足裏の免震機能が低下した人に多発します。
ランニングによる「過剰なねじれ」が上記の状態を作り出しいい加減にしておくと1年以上も痛みが続きますので注意が必要です。

このランニングで起きる過剰なねじれに対し、当院では足元に特殊なテーピング方法を施し外反母趾・浮指を改善し地面を捉える能力を上げることで競技力の向上にもつなげる施術を行いますわーい(嬉しい顔)
また、足だけでなく全身の筋肉のバランス、捻じれの状態などを整える施術も行います。
初診の患者さんには初めに自分の身体の状態を把握していただく検査も行いますので興味のある方、競技力の向上を目指されている方は是非一度ご来院下さい

腰痛について

こんにちは晴れ

今日から定期的にブログを更新していきます!

いろんな症状について書くので、楽しみにしていて下さいるんるん

 

今日は腰痛について書きますペン

腰痛には急性腰痛と慢性腰痛があります。急性腰痛はいわゆるギックリ腰です。
慢性腰痛は文字通り慢性的な腰痛に悩まされている場合です。

急性腰痛の原因について詳しいことはまだ分かっていません。
慢性腰痛の原因は様々です。主なものには椎間板ヘルニア、椎間関節症、腰椎分離症、腰椎すべり症などがあります。筋肉の凝りあるいは姿勢が原因で痛みになる場合もあると考えられています。
またストレスが原因で腰痛になる場合もあると考えられています。

一般的には温める、マッサージするなどの対処することが多い腰痛ですが、それでは表層の筋肉はほぐせても深層の筋肉には届かないため、奥深くで悪さをしている筋肉をほぐせていない可能性があります。

そこで当院では、マッサージ治療に加えて特殊な波形の電気治療器により皮膚の下15cmのインナーマッスルまで刺激し、深層の筋肉もほぐします。
また、この治療器は筋トレの効果もあるので、内臓を支えているインナーマッスルを刺激して鍛えることで腹部の筋肉が天然のコルセットの役割をはたし腰痛再発の予防にも繋がります。


まだまだ腰痛は奥が深いので、またの機会に書きたいと思いますひらめき

天気が悪いので、気を付けてお過ごし下さいね雨

合宿へ!!

8月11日・12日は山梨県河口湖での東洋大学駅伝部様の合宿へ参加させていただきましたわーい(嬉しい顔)


合宿が続く中、故障を抱える選手も多く、ここはしっかりとケアを行って本来のパフォーマンスを取り戻してもらえるように!

と考え、お昼から夜まで途切れることなくケアを行いました手(グー)


翌朝の早朝練習では、痛み無く走れた選手が多かったと喜んでいただきましたるんるん


しかし、ハイレベルの練習内容はさすが東洋大学駅伝部です!!


正月の箱根駅伝が楽しみですひらめきIMG_0736.JPG



当院へのアクセス

 

大きな地図で見る

針中野フィジカルケア鍼灸整骨院

住所〒546-0013
大阪府大阪市東住吉区湯里1-14-4
TEL06-6702-7004
受付時間月〜金 10:00〜21:00
土   10:00〜19:00
オンラインショップhttps://physical.theshop.jp/
院長郷田 博基
針中野フィジカルケア鍼灸整骨院
Facebookもチェック
アスリート・スポーツ選手に人気の即効性と根本治療:針中野フィジカル鍼灸整骨院

PAGE TOP