注射を使わない新しい治療法(コンドロイチン&グルコサミン注入)

 

 ■エレクトロポレーションとは

エレクトロポレーションとは「電気穿孔法」といわれるもので、

短く強い電気パルスを利用する事で、「針を使わずに薬物代替成分を注入する方法」のことです。

 

既に医科・美容クリニック及びエステ市場に広く普及し、人気メニューとなっているもので、

この技術を応用し美容領域でも効果を求める方法として、用いられている方法です。

また、「薬物投与装置」として国内特許も取得されています。

 エビデンス

 

■鎮痛効果のメカニズムについて

関節症・腰痛症で、「痛み」を訴える方は炎症が刺激となり、

痛みのセンサー(侵害受容器)が電気信号を送ることで、脳が痛みを認識します。

関節軟骨には神経が存在しないことから「軟骨の痛み」は、

ひざ周辺の筋組織が継続的な緊張や拘縮などで硬くなり、それに伴った血流の悪化から来る「筋組織の痛み」

であることが多いと考えられています。

また、痛みが長く続いておられる方は、患部の炎症が回復していても

痛みの神経回路が継続して過敏になっているため、鎮痛剤が効かないことも多いです。

 

神経ブロックは、局所麻酔薬を用いてそれぞれの神経の刺激伝達を遮断することにより、

痛みの悪循環を断ち切ることが目的で行なわれる外科的治療ですが、

本システムでは、注射の代わりにエレクトロポレーションを用いて、

局所麻酔薬ではなく炎症や痛みを鎮める作用が認められる

コンドロイチン・グルコサミン・MSMなどを高濃度配合した「イーピーエッセンスCSA」を、患部に注入します。

 

また、特殊な電気刺激を与えながらマッサージ効果を加えることで、

容易に筋の緊張がほぐれて柔らかくなり、血流の改善にもつながることから、

それらとの優れた相乗効果を生みだします。

 

 イーポレーション治療

 

関節症の画期的鎮痛術「ノンニードル・ペインリリーフ・メソッド・システム」

non_needle.jpg

■ノンニードル・ペインリリーフ・メソッド・システムとは?

「ノンニードル・ペインリリーフ・メソッド・システム」は

注射を使わないコンドロイチン・グルコサミンの患部注入により

「副作用のない痛みの緩和」を目的とした画期的な鎮痛術です。

 

当院では、膝関節症・腰痛症疾病でお悩みの方に、経口摂取では即効性が感じにくいと言われる

「コンドロイチン」・「グルコサミン」・「MSM」・「高分子ヒアルロンNa」等の

有効成分を高濃度処方したコンプレックス導入液を、患部へ直接注入することができる

【ノンニードル・ペインリリーフ・メソッド・システム】を行っております。

 

また、この施術は副作用が無く、施術効果の持続性が高い事から、

結果的に鎮痛剤などの内服薬を減らしていく事も可能な施術方法です。

 

■注入液について

施術においては専用導入液「イーピーエッセンスCSA」を使用します。

専用の導入液「イーピーエッセンスCSA」は、医薬品以外にも処方可能な

・コンドロイチン硫酸

・N-アセチルグルコサミン

・高分子ヒアルロン酸Na

・MSM(メチルスルホニルメタン)

など、一般にも認知度の高い成分を、高濃度処方した注入専用の高品質導入液です。

 

関節軟骨を守りながら、関節症等の炎症からくる痛みの緩和を促します。

施術範囲にもよりますが、1部位当たり2ml〜3mlを患部に塗布した上で、

エレクトロポレーション導入装置「イーポレーションPR」を用い皮下へ注入していくことで、鎮痛効果を得ることができます。

 

こんな方におすすめ!

・痛みを早く治したい方 ・注射の痛みが耐え難い方

・ペインクリニックに抵抗がある方 ・関節の可動域を広げたい方

 ・関節軟骨が気になる方

 

EPエッセンス CSA 1部位:2,160円(税込)

当院へのアクセス

 

大きな地図で見る

針中野フィジカルケア鍼灸整骨院

住所〒546-0013
大阪府大阪市東住吉区湯里1-14-4
TEL06-6702-7004
受付時間月〜金 10:00〜21:00
土   10:00〜19:00
オンラインショップhttps://physical.theshop.jp/
院長郷田 博基
針中野フィジカルケア鍼灸整骨院
Facebookもチェック
アスリート・スポーツ選手に人気の即効性と根本治療:針中野フィジカル鍼灸整骨院

PAGE TOP